月別アーカイブ: 2008年11月

Black Friday


感謝祭の翌日はどこも超セールでこの名前がついているようですが、そんな日に大ちゃんがきたのでFry’s に行ってみた。彼のクリスマスプレゼントを買うため。結局いいのがなかった。

それで、K&Kの家にRockbandを取りに行ったら、暇だということで、急遽夕食に招待した。A&Hも招待してRockband大会となった。大ちゃんがなんと今日は歌いたいということで、マイクを離さなかった。すごいな、成長したなという感じ。

本当は大学の申し込みをしようとしたのだけど、今朝に延期して楽しいひと時を過ごした。

UCの申し込みはちょっと手遅れかも。SATSubjectテストを受けてなかったもんね・・・だとしたら、Stateだけということか。彼、本当にまだ分からないみたいだ。

今日送っていって、AptosHighのテニスコートでテニスをした。久しぶりで気持ちよかった。テニス仲間が欲しいな。これから大ちゃんはますます来なくなるだろうし。

New Toy


今日は感謝祭で休みです。それどころか、明日も休みなので4日連休ということです。だからといって特別にみんなと一緒にいるわけでもなく、一人掃除でもするかと思い立っているわけですが・・・

いやはや、あまりにもAsusが使いにくくて半ば放置状態にあったので、ついに買ってしまいました。会社のラップトップを私用に使うことはますます厳しくなってきている中、フル活動するためにはやはり必要です。

Toshiba TL-60 | 3GB DDR2 | 250GB HD | DVD-/+RW |

買ったあとでリビューをみたりしたら1日目にして壊れたとか、厳しい評価続出。だからもうう販売されていないのかな。でも、いいのです。サポートがどんなものか対応さえしてもらえれば最初はめんどいかもしれないけど、使えるようになると信じます。とにかく、このスペックでこの価格。買わずにいられません。Vista Home Premiumとかが入っていますが、それは即入れ替えればいいわけです。1週間ぐらいで届くかな・・・

Asusは旅行用かGaryのおもちゃに使ってもらおう。

大ちゃんの劇


大ちゃんも高校生活最後の年を十分にエンジョイしているようです。

Aptos High drama play: Mid summer night dream

彼は舞台の上では生き生きしていますね。好きなのならもっと続けてもいいのにと思うのですが、彼はあまり興味のないCSを大学で専攻しようとしています。自分で選んでみなければわからないこともありますね。よっぽど方向性が間違わない限り、好きなようにさせてあげたいです。

Ganglia


Ganglia があるらしい。小林先生の所に行って見てもらってきた。

確か2年ぐらい前のことだったと思う。左手の薬指の第一間接の外側にポツンと何かができたので見てもらった。皮膚科の先生を紹介してもらい、手術して切り取ってもらった。縫い合わせてもらったのだけど、それがきっといい加減な縫いあわせだったのだと思う。なかなか直らないどころかずーっと痛かったのだ。それでも、きっと痛さは消えると期待して待っていたのにそれどころか、ボコリと膨らんできて、ズキンと痛くなってしまった。彼女は切り取ったサンプルを検査に回したと言い、手数料も取っておきながら、その後、サンプルをなくしてしまったと信じられないことを言っていたのだ。訴えてもいいくらいだったが、そんな時間の無駄使いもしたくなかったので考えあぐねていてズルズルと時間だけがたってしまったようでもある。

ま、今回小林先生にもう一度見てもらった結果、どうやら関節の中の液体が横にはみ出てきたのではないかという診断だった。溜まっているのは水のようなものなので、プチリと穴を開けて出してしまう方法もあるが、根本的な解決策にはならない。だから、手の専門医を紹介してもらった。Ronald Hay M.D. しっかりと治してもらいたい。年末、日本に行く前どのぐらいの時間があるだろうか。ちょっと心配。

MBT


1年も検討してようやく実行に移した事がある。私にとっては驚異的な待ち時間。MBTの靴を買ったのだ。

MBT Shoes

MBTの意味はMasai Barefoot Technology

スイス生まれの創立者はアフリカ、マサイ族の人々の裸足の生活と健康に刺激され、1998年にSwissMasaiという会社を設立した。構想から8年後のことだ。Karl Müller という人の生き方にも興味をそそられる。

履き心地はまずまず。2日間で3人に説明、宣伝した。1年も待った理由第一は、値段が私にとっては高いこと。$250もするのだ。ちょっと前まではそれほど気にする値段ではなかったけど、スニーカーなら$100少しで買えるのだから、2倍ということになるよね。よっぽど使いこなさなければ価値がない。250日は履きたい。2日履いたから、あと248日履けばいい、1年かかるかな。 勿論、健康によいから履くんだけどね。

あと一足欲しいかな。色とスタイルが非常にまずい。登山靴を履いているような気になった。こんな色のブーツ持っているし。せめて何にでも合う黒が欲しいかな~。

まっ、いいっかリリース


今回のリリースは、私のPMとしてのリリースの歴史を振り返ってみて、おそらく一番苦しいものだっただろう。そこまで、いろいろな面で計画段階から甘かったし、予算もなく、時間もなかった。そして、思いもよらないことが重なった。

PMは時間、質、予算の3要素を考慮してどれが大切かを見極めて、そこから問題解決、判断をしていく。今回は予算が最初から厳しい状況下でスタートし、時間は結構あったと思ったのに、思いもよらない問題が続出したため時間がなくなり、共に質の低下となった。つまり、3要素の中の一つも守れず泣きながらのリリースとなってしまったのだ。勿論、いつも治しきれないバグを抱えてのリリースに泣くのだけど、今回はひどい。何回もリリースを中止するべきではないかと提案したが却下された。サポートリクエストで対応するという声に、予算がないのだという声に説得できるだけの材料がないまま押し切られた。

そして今日、リリースの承認を関係者からもらうため、メールを出した。仕方がないのだ。明日のリリース、感謝祭の前に出すという目標達成のため、私はリリース発表の準備をし始めた・・・

こんなもんですわね~ MSの製品とか考えたら、まっ、いいかっ。

胆のうがん


こういう時こそ落ち着こう。

ただ、突然来てしまうからうろたえる。というか、涙がとまらない。母が胆嚢がんの末期だそうで、半年持つかどうかという診断を下されたという電話が姉から入った。

胆のうがんについてネットで調べまくる。大したことは出ていないものなのだと改めてわかる。発見しにくい、発見されたときは末期の場合が多い。女性の確立は男性の2倍。抗がん剤投与も副作用を考えると、年齢と共に十分考慮が必要。

母は1月が来たら82歳。脳梗塞で倒れた父の介護で大変だっただろう。たった一人でよく頑張ってきたね。近くにいてあげられなくて、本当につらい思いをさせてしまったな。これからいったい何をしてあげられるのだろう。どれほどのことをしてあげられるのだろう。

12月半ばにはプロジェクトも落ち着くから、日本に帰ろう。大ちゃんを連れて帰ろう。私にできることはせめて彼の成長した姿を見せてあげること。

それから何ができるのか。彼女を安心して穏やかに最後の時を過ごさせてあげられたらいいな。もっと考えなくちゃ。