月別アーカイブ: 2008年12月

マドフ氏、それはない・・・


それはないですよ、特にこんな時に。

マドフ氏の汚職事件

悲しくなるじゃないですか・・・ みんな何を信じていいのか分からなくなってしまう。私にとっては年の瀬の最も悲しい事件。もうお歳なのだから、世の中の為になるようなことして去っていこうよ。いつの間にか手を引きたくてもできない状況になっていたってことも考えられるよね。なんだか、小室哲哉の詐欺にどこか似ているよう。100%の信頼を世界から得ていた人が、まさかをやっていた。そんなことせずとも生きていけたろうに、あんなに才能がある人なのにと皆が思う。

悲しいなんていっている場合ではなく、影響大きいよね。これから経済の再建をしようとしている所へこういう事実の発覚は本当に水掛。Big3のこととマドフ氏のこととでマーケットは下がっちゃってるし。あー、為替相場はこれから日本に行く私には最悪の状況。$1が90円ですよ。手数料入れたら$1000でも8万円にしかならない。

噛むこと


大切らしい。この記事は噛むことが脳に与える効果を書いている。

結局硬いものを噛むか、咀嚼を繰り返すことがいいということかな。歳をとると、だんだん怠惰になってきますからね。それでも頑張ってよく噛む。それが脳に刺激を与えるので、間違ってもビタミンゼリーなどで済ませてしまっていてはどんどん脳の低下が起こると言うことか。

む~、これからガムを噛んでいようかな。

タイマーで計るラーメンの3分


計るという人のほうが多いらしい。

私は勿論計ります。スパゲッティも勿論きっちり計ります。麺類は時間に正確でないとやっぱおいしくできないでしょう。ただ、この統計で面白いのが、計らないという人も半分近くいるということ。堅めが好き、伸びているのが好きという人たちもいるという事実に実はほっとする。つまり、私とは違う見解を持っている人たちが日本にもたくさんいて、それを頑張って実行しているということ。答えは一つではなく、いくつあってもいいと堂々と言える事、大切だ。また、それを認めてあげることも大切だ。

Toshiba Satellite


Ubidで注文したラップトップが届いた。開けてそく使い出せて、調子いいよ。今それで書いているんだ。

64 bit Dual Core 2GHz, 3GB Ram, 250GB HD
Vista Home premium が気にかかるけど、今時XPなんて入ってないよね。初めて使うのでまだわからないけど、いいんじゃないの。支障が出てきたらOS入れ替えればいいんだ。

今の会社のDellと同じぐらいの重さ。もちろん、持ち歩きを考えたわけじゃないからいいんだ。それより、パワーがあってほしいと思ったから。Dellより少し早い感じ。ここまでのスペックのはなかなかみつからないかった。ウレシイ。感覚が違うところ、それなりにうれしいのだ。使い始めて2日目でブルースクリーンとかのコメントを誰かが書いていたけど、ま、その時はサポートの対応を期待しましょう。

それと、Toshiba初めて。というか、日本の製品自体初めてだから今後のパフォーマンスを観察しましょう。一頃、自分のコンピュータを持っていたけど、会社から支給されるの十分で、一時期はラップトップが3台もあって自分のなんか開けもしなかった。ところが今や、会社のラップトップはかなり制限が設けれれてiTuneもSkypeも入れてはいけないという厳しさ。そんな制約がなければ買う気になってなかったよね。Dellは会社の製品を入れても大丈夫なようにパワーがあることになっているんだから、そこらへんのよりずっと早い。だから、Dellより速いのを買うとしたら結構お高くついてしまうんだけど、このToshiba, なんと$1000しない。ウシシ!

かっこよさはそれほどないけど、いいさ。Appleも考えたけど、よいのだ。2年ぐらい使えればいい。そのころはきっとまた新しいものが流行っているだろうから、私は流行の2歩ぐらい遅いところをついていきましょう。仕事に使うわけじゃありませんからね・・・・・ というコメント、これって自分で吐いたセリフとは思えない。流行最先端がいつも欲しくて、安いものにも興味のなかった私がよくも変わったものです。成長したと言っていいですか。それとも、歳とって俗世間の騒動に興味が薄れた?

Solar taxi


暗いニュースの中でこんなニュースを読むと気持ちがいい。希望が持てる。夢を持ち続けることって、こんなに力強いんだね。多くの人に様々なメッセージと次への想像力まで与えてくれる。太陽の光だけで世界一周を成し遂げたお話。

Solar Taxi

Solar Taxi のサイトもある。

ちょっと残念なのは日本には行かなかったみたい。次回はぜひ行って欲しいな。

発電床


この記事ちょっと感激。

http://www.yomiuri.co.jp/eco/news/20081205-OYT1T00443.htm

人が歩く振動で発電するなんてすごいじゃなかー!それじゃあディスコなんかに引いておいたらメチャクチャ発電することになって、ちょっとした電気が集められるということか。日本なんて人だらけだから、駅とかデパートとか、人が常にぎっしり歩き回っているところに引いておけばいいよね。

GM


最近騒がせているビッグスリー、アメリカ車業界の経営危機でニュースは飛び交っていますね。特に彼らの考え方って、一般人とはつくづく違うのねと思わされる。

まずは、会社の財政赤字で年内でお金がなくなっちゃうからDCに行って資金援助をお願いするってやつ。まあ、それだけなら法外な金額だけど、アメリカ経済を考えたらいいかなと思ったけど、彼らプライベートジェットで駆けつけた。それで散々非難された。だからみんなそれじゃあ廃止しますと言うことになった。

次は年俸$21Mももらっているから来年から$1としてもいいねと言ったら、いえ、私は現状で結構なんて言いのけた。それも非難ごうごうだったから承諾したらしい。

それでもって、次はさすがに少し考えたらしいんだけど、これが笑っちゃう。シカゴからDCまでハイブリッドの車で行きます。エコと節約を考えてだって。シカゴからどれぐらいかかるか分からないけど、1日では行けないんだよ。それに運転手をつけているんだ。途中で自分も運転しますだって。普通のエコノミークラスの飛行機に乗れ!そっちの方がどれだけお金と時間の節約になるか考えられないのだろうか。

これがまだ終わってないんだよね。彼ら、以前からハイブリッドを作るとか言っていたけどさっぱり力を入れてなかったみたいなんだけど、今度はエコノミーで燃費もよくて売れてるサターンとかを廃止して、高級車のキャデラックをもっと作っていくんだって。なんかおかしくないかな。そんな経営感覚できたからこんなになっちゃったんじゃない?さっさとクビにして、まともな人間連れてこなくちゃいくら一時しのぎでお金もらっても立ち直れないんじゃない?

いやはや、0.000001%のアメリカ人の実態でしか過ぎないことを期待しましょう。