月別アーカイブ: 2009年11月

とりあえず、写真編集完了!


やっぱり続けて作業したら、今朝から寝て午後3時すぎまで寝てしまいました。いったいどこの国の時間に合わせているのか、さっぱりわかりません。でも、とりあえず、Picasaにアップ完了!

古い写真はおろさなければ。だんだん1GBの上限に近づいていく・・・

まずは、感動の結婚式の写真。やっぱり、結婚式はドラマがあるんだね。編集しながら、またポロリ。本人同士は勿論、周りの支えてくれている人達の姿が感動的なのね。いろいろな思いを込めて、正兄、洋子さん、とてもいい顔してる。本当におめでとう!

次は、お父さんを訪問。相変わらずの頑固オヤジ風で、予想以上に元気でよかった!ゆうなちゃんの雨の中のアクシデントも引き連れて訪問。最後には、システィンチャペルのアダムの誕生の真似事をしてみた。お花も活けてるって、今までにない予想外な展開で嬉しかった。

母のお墓。綺麗に洗ってあげた。山間の静かな墓地で落ち着ける。

さえちゃんの赤ちゃん、ひろと君とご対面。やっぱ、さえちゃんに似ているのかな?

さえちゃんのご主人のお母様、ゆきちゃんももつ煮を作って来て下さった。和やかな午後のひと時風景ができた。

よし兄の家にもちょっと訪問。亮ちゃんも来てくれた。

もと同僚の八木さんご夫婦を巣鴨に訪問。アキバのメイドカフェにもついでに行ってしまったのだけど。巣鴨には独特の雰囲気があるのね。また行きたい、落ち着ける町。八木さんの新居の回りもとてもいい。美人で明るく聡明で、しかも控えめな、そんなアキさんとの新しいスタート、最近はそういう人達に触れ合えると、とても幸せになれる。なぜだろう。年とってきたからかな。。。何はともあれ、おめでとう!

これは、ジブリ美術館に行くまで、さえちゃんと一緒に電車に乗っているところ。姉の孫を見る眼差しに深い愛情が出ているようで、ちょっとホロリ。あまり写真に撮られるのを好まない姉なので、いい写真を撮るのは難しい・・・

Reginaでの晩餐も楽しいひと時だった。みんないい人たちだね。シェフはひろと君のおじいちゃんだと称しているが、爺が二人もいるひろと君は幸せだね~。

そして、ジブリ美術館、ポケモンセンターを経て、トウキョウタワー。ジブリ美術館内では写真撮影は禁止されていたので、外からの写真しかないのだけど、よかった。東京タワーは夜行ったことがなかったので、美しさにちょっと感激。でも、夜の東京タワーは外から眺めるのが一番ね。どっちかと言うと、浜松町の駅近くの立ち食い居酒屋で焼き鳥とお酒を飲みながら眺めるのって、かなりいいかも。

以上、10日間の日本総括。さて、これから、日本に行く前の写真に取り掛からなければ。もう、夕方5時。時間ないかな。明日からの仕事のために、少しはメール読み始めていた方がいいからな~。

写真の山


デジカメは便利で安上がり。何枚撮っても自分の労力をほんの少しの電気でプロセスできてしまうわけですから。ただ、調子に乗って撮りすぎると収集のつかないことになる。現在、日本8日間の3000ショットと、日本に行く前の1000ショットの山を前に、途方にくれている。

単純に1枚を5秒で処理するとして、約5.5時間かかる。ただ単に写りの悪いものを削除するのなら時間はかからないが、ちょっと編集し始めると10秒は軽くかかるわけで、約10時間以上かかってしまう。こういう事は、さっさと処理しておかないと、ますますできなくなるし、写真を待ち焦がれている人たちにもわるいから、断然、今晩しようとおもっていたんだけどね・・・

昨夜10時ごろから始めて今朝5時。半分ぐらい片付いたかな。予想通りの時間だけど疲れた・・・ でも、全部に目を通して質のよくないショットはあらかた削除したから、あと半分とはいえ、もっと早く処理できるはず。問題は、明日から仕事だということ。こんなことしてないで、早く寝て、カリフォルニア時間に切り換えなければいけないんだけどね~。

でもね、写真を見直してみると、感動的な写真もたくさんあってうれしい。だから、やめられない。2-3時間寝ましょう。

骨密度


骨密度を測定してもらってきた。結果は、T -1.3 という数値でやばい。

Dr.Borisonの説明では、骨密度は30歳の平均密度を T 0 として、そこからプラスかマイナスかに測定結果を表記していくらしい。骨は30歳以降は発達しないから30歳が基準になり、密度が減るとマイナスと表記される。そして私の結果がどれほどやばいかというと、T +1 からT -1 までは一応許容範囲内とみなされるが、それを超えるとosteopeniaという、日本語でどういう訳語があるのかわからないけど、骨粗鬆症の一歩手前状態でまずいのだ。T -2.5 からは本当の骨粗鬆症なので、正式な治療が必要になってくる。私は3年前にも受けていて、その時はT -0.9 だった。正確には、骨盤と背骨と両方の数値が出される。両方とも、この速度で進行していくと、すぐ骨が折れてしまうことになる。

ついでに、ビタミンDの摂取状況の血液検査もしてもらった。結果は1週間後だけど、まあ、わかっているようなもの。頑張らないとまずい。もう、進行をとどめることしかできないけど、3000UIのビタミンDと1000-1200mgのカルシウムを毎日摂取して、圧力をかける運動をする必要がある。またスポーツジムに通う必要があるかな・・・

それから、ホルモン治療もかなり効果があるらしい。私はすでにホルモンパッチを1ヶ月前からし始めたので、向こう半年ぐらいでの効果を期待しよう。それにしても、歳をとるって、こういうことなのね。

おとといのディナー


一昨日は何があったのか・・・ 
                         そんな質問をするのなら、今晩とか昨日は何があったのか、そう聞いてもいい。  でも、そこが貧しい私の食生活。昨夜ははろくに食べなかったのだ。今夜もワインを開けてはみたが、大ちゃんと電話で話しているうちにこボトルをたおしてしまい、大慌て。それで、作る時間もなくもう10時半を過ぎた。   と、いうことで一昨日撮った写真のことを書くことになったという次第。  
ワイングラスは写真の被写体としては第一級クラスではないかと思う。だから、写りがよくてあたりまえだ。それでも、やはり美味しそうに写すのはのは難しい。
例のごとく、WholeFoodsで買い物。ゴーダチーズが2種。オレンジ色の方が3年熟成のもの。そして、もう一つはFoenegreek という種の入ったゴーダチーズ。これまた、かなりいけますね。両方とも当たり。
それから、当然、私のお気に入りのイチジクとオリーブの入ったクラッカー。
ワインはHonig、そしてサラダを購入してきた。 満足度、90%ぐらいだったかな。

Mr. Sherlock 二日目


会社の友人のMiata1997年M Editionと比べてみた。大きくなってる。
横幅と高さ、両方大きくなってる。並べてみるとデザインの変化がすごくよくわかる。

 
 試しに横に乗ってもらったら、違う車みたいだということ。ハイウェイでも風で髪の毛がバサバサにならないと言っていたのに信じてもらえなかったけど、乗ってもらってようやく信じてもらえた。どうやら、深く箱の中に入り込むような形になったからということ。
やはり、Mr. Sherlockの方が素敵だ!ニマニマ・・・
ところで、今晩、まさにこの右前の車輪を道路の縁石に当ててこすってしまった。暗かったし、まだ車間距離がわからなかったし。よく見ていないけど、ちーとばかりシルバーの部分に傷跡ができたようである。今日、一緒に見てくれたユウ君だったかな、彼曰く、第一オーナーがすでに傷つけていて、その横あたりに新しく第二オーナーとしての私が傷をつけたのではないかと、携帯の暗い明かりをつけながら分析してくれた。つまり、これは洗礼のようなものなのだ。Mr. Sherlockもわかってくれるだろう。

Mr. Sherlock


そう呼びます。
残念ながら、まだこの一枚だけ。暗くてよく分からないですね。明日、会社の駐車場で撮るつもりです。
シャーロックはスコットランド地方の苗字。済んだ湖という意味があるそうです。深い森と朝もやを彷徨い、通り抜けると、突然現れる湖。それは身も心もさらわれてしまいそうなほど透明で深い。ミスターシャーロックはそんな景色にふさわしい。カリフォルニアの明るい日差しの下で、どう映えてくれるのか、まだ分かりませんが、今日のクルーズには、少なくとも最高でした。そうそう、シャーロックホームズは、姓ではなく、名の方に使われてますね。彼のエメラルド色の瞳(勝手にそう思い込んでいる)にも似ているんです。
Stanford大学に続くFoothill Express Wayは制限速度45マイルの道。 そこを60マイルで走ってみました。信じられないことに髪の毛がぜんぜん乱れなかったんです。走り始めてから、シッパイ・・・!と思ったのですが、なんの、上の方がヒラヒラしていた程度でした。と言う事は、ハイウェイOKということですね。
今日のクルーズはたかだか1時間弱のものでしたが、信じられません。何がって、まず、目的もないのに、ただ車を走らせるという行為そのもの。未だかつてしたことがなかったし、しかも一人で。さらに驚く事に、それが楽しい!!!運転すること自体を一人で楽しむ事、私にとっては初めての経験です。ミスターシャーロックはそんな車。
ところで、まだ車内の数々のボタンがよく分かっていません。せめてラジオぐらいつけようと思ったのですが、オーディオシステムも選択肢がありすぎて、よくわからず、あきらめました。今晩勉強してみます。トップの開け閉め、Keyless system (日本語で何ていうのかな?)、ヘッドライトの点け方、ワイパーの使い方、座席、ミラーのコントロール、ガソリンタンクの開け方、こんなところが分かっていれば運転はできるわけですから、オーディオシステムは後ね。
そうだ、GPSが唯一ついていないので、今度買いましょう。これからは、いろんな所に一人でも行きそうだから、GPSは心強い友となることでしょう。

もう、ガレージにいる!


いや~、かなり即決で買いました。でも、胸がはちきれるほどドキドキでいい買いでした。

2007 Mazda Miata Grand Touring with Appearance Pack
写真の色はちがいますね。自分で撮らなくちゃ。
Automatic transmission
Highland Green and Saddle Tan interior
Milage: 9,980
6 years and/or 100,000 miles warranty

惚れ惚れ・・・ 初めは緑はどうも・・・と色を聞いた時に思ったのですが、行ってみたらもうだめ。濃い深いイギリスのクラシックな緑で、朝もやの中から抜け出てきた緑。それが、インテリアの皮の色と絶妙なバランスを保っていて、思わず声が上ずってしまいそうなところを、こらえました。あなたのことを、何とよんだらいいのでしょう・・・

2008 年の同じくフル装備のGrandTouringが横に並んでいたのですが、こちらは明るいグレー。悪くないけど、くらべものにならない。それで1年違うだけでこんなに安い。後悔しようがない。特別な車だから。ついていないものは、GPS。それは買わないとね。早く何処かにドライブに行きたくなってきたよ~!!!

一人で車を買ったことがなかったので心配しましたが、調査を徹底してしたので、まあ、不安は25%ぐらいだったでしょうか。足を運ぶこと3回。
Kelly Bluebook
Nada Guide
CarFax
Craig’s List
この4サイトが私の資料作りに貢献してくれました。それから、会社の同僚、友人、いろいろな方々の助言に感謝です。そして、Karstenの友人のMikeに最大の感謝です。一度も会ったこともないのに、すごく詳しい説明とアドバイスをしてもらいました。

でも、これでもう、一人でも車を買うことは怖くない。しばらく買うこともないけどね。