月別アーカイブ: 2010年3月

Woo Hoo grandma!!!


やるね~、おばあちゃん!!!

もう一つ元気が出るニュース。84歳のおばあちゃんがスカイダイビングをした。

Viola Rindels はどうやらリンパ腺系のガンで、3-5ヶ月の命だと診断されていた。でも、すでに診断から7ヶ月め。もう、いつ死んでもいい状態にあるらしい。そんな彼女の最後の願いがスカイダイビングだった。

それを聞いた隣人、たまたまオリンピック選手だったんだけど、彼女の願いを聞いて、なんとかかなえてあげたいと思いたち、ついに実現した、というお話。Violaおばあちゃんは、いつもパイを作って近所の人たちにあげていた。ただ、みんなの喜ぶ顔がみたかったからだという。そんな彼女に、近所の人たちもお返しをしたいと思っていた。そして、おばあちゃんの願いがついに実現した。

私が84歳で、もう先が長くないと宣告されたらいったい何をしたいと思うだろう。何を最後のお願いと思うだろう。Violaおばあちゃんは、ビデオを見てもよろよろした歩き方をしていた。そんな彼女でも気持を若く持つことはできるんだ。だから、近所の人たちからも人気があったのね。パイの力もあったけど、彼女の若い精神が魅力になっていたんだろう。

私もずーっとしたかったけど、もういいかなと思っていた。体力に自身がなくなってきている事が大きな理由。でも、ちょっと恥ずかしくなった。死ぬまで何かをしたいという気持ちを持ち続ける。気持ちだけは死ぬまで若く持ち続けることができるようになりたい。彼女の元気に刺激されたよ~!

何を、どこから~?


今日久々に興奮した記事。

ゲイツとジョブズの先へ 未来の過渡期を作るiPhone【iPhoneでチャンス掴め】

 その昔、トランジスタラジオは、家庭にラジオをもたらしました。
Apple IIも、家庭にコンピュータをもたらしました。
ウォークマン は、家庭の外に音楽を持ち出しました。
ファミコンは、家庭にゲームセンターをもたらしました。
さらに、i-modeケータイは24時間のメール文化をもたらし、
iPhoneやスマートフォンは、ご存知の通り、オフィスや家庭からインター ネットを持ち出したのです。
そして、今、KindleやiPodが、本を屋外に持ち出そうとしています。 

興奮してくるよね。そしてこの著者は、こんな風に言っている。

2020年には、家電の総ネットワーク化が見込まれており、各企業とも水面下で動きを激化させています。

 これって、家ごと世界に持ち出しちゃうって事?楽しい~!楽しいことはもっとある。 彼も、ここが一番言いたかった事って書いてある。

例えば、iPhoneのようにパーソナルを前提とすれば、カップル向けデバイスがあってもいいわけです。なんていう興味があれば、たくさんアプリ企画が生 まれてくるでしょう。自分がのび太君の気持ちになって、どんな道具が欲しいかを考えてみれば、案外、楽しい企画は生まれてくるものです。

これを読んで、私の欲しかったものがもっとはっきりしてきた。それは、もうエンジニアなんていなくても簡単にアプリができる環境。 難しいコードなんか書かなくても、買い物先でひょいひょいと野菜を買ってくるように、材料を組み合わせて自分だけのアプリができるようになったら断然楽しい。だって遊び心はエンジニアだけのものじゃないもの。彼はそんなサービスがすでに存在するといっているけど、ちょっとまだまだって観があるよね。エンジニアには使えるけど。著者は、

これからはアプリケーションがデバイスを選ぶ時代なのです。

といっているけど、 きっとそうだろう。そして、その先にはもっと庶民化が進んで、普通の人が面白いアプリを作って売り買いする、そんな時代が来る。そんなこと考えたら、楽しい~!

そうなったらさー、20年も前に作りたくていろいろ考えた私のアプリなんか簡単にできるんだろうな。つーか、もう、アイディア自体が古くて使えなくなっちゃったかな。きゃ~、アイディア探しだ。ワ~イ!

1日が知らないうちに過ぎていく


写真のサイトを見てみたり、自分の写真を復習してみたり、昨日のShoreline の写真をPicasaに載せたり、でも、それだけ。本当にそれだけの1日だった。

一人だからできる、勝手きままな一日。食事もろくにせず、掃除洗濯もせず、顔も洗わなかった。さすがに気持ち悪くて歯は磨いた。ず~っとモニタを見ていたから、おかげで目がかすむ。よく見えない。

大ちゃんから久しぶりにSkypeが入っていたけど、相変わらず私とは話したくないようで、さっさと最低限のことを書いて切ってた。もう、電話もしてこない。いったい何と返事をしたものか。ズンと悲しくなる。期待しているから悲しくなる。あ~、いつか再び会える時、会いたいと思ってくれる時は来るのだろうか。ま、元気でいてくれるだけでいいのだけど、たまにはせめて電話だけでもしてくれてもいいじゃない~!私もこんなだったのかな。母はこんな風に悲しかったのだろうか。

MP4をMP3にiTuneで簡単に変換できると言われているけど、どうもそんなオプション探してもみつからない。そんなこんなで、1日どころか夜も更けて、もう1時過ぎだ。仕事しなくちゃ。でも、もう寝なくちゃ~。明日は絶対 24HrsFitnessに行くんだ。絶対ね!

ただそのままで美しい


会社の帰り道、このごろはいつも思う。しばらく眺めていたい。ほんの5分もないだろう金色に輝く夕暮れの景色。

サンフランシスコ湾の一番奥に面した所に Alviso という町があり、そこに私の勤める会社がある。85号線に乗り入れる前の景色はいつも息を呑むほどの美しさ。残念ながら車を止めることはできない。だから、入り口の信号待ちで混雑している時ほどうれしくなる。特に今は夏時間になったばかりだから、7時過ぎに日が沈み、ちょうど帰宅途中の時間となるわけだ。夏になったら8時過ぎまで日が沈まないから、こんな景色は見られない。ま、それまで仕事をしていればいいわけだけど、そんな人は、まずいない。いつか、きっと写真を撮りたい場所。その5分でなくなってしまう瞬間を撮りたい。

そういうわけで、近所の写真を撮っている。そして、今はまさに最高の時なんだよね。ここ1週間以上、夕暮れ時はそわそわしてしまった。桜がいつ散ってしまうか、気になっていたから。そして、せっせと例のお気に入りの場所に通った。とはいえ、タイミングのいい時間にその場に居られたわけではない。だって、たったの5分程度だもの。歩き回っていたらすぐ消えてしまう。

ま、そんな時も終わり、ようやくPicasaにも載せる事ができた。桜だけのSakura 2010。私が見た、涙が出てきそうな美しさは、まだまだ捉えられなかった。修行せねば!10分の1、いや、20分の1ぐらいなら捉えられているかな。
24March2010-12

ついでに、先日行ったFiloli Garden で撮った写真もアップした。丁寧に手入れがされていて、花がいたるところに咲いていた。だから、私のようにSLRを持って写真撮るぞ~と、気合を入れている人が多かった。  Filoli という名前はとても変わっているので、パンフレットを時間をかけて読んでみたら由来が書いてあった。

その昔、Bourn という大金持ちがおりまして、その方が建てたお屋敷だったそうな。そして時が経ち、次のオーナーに買われ、今は寄付されて、公共財産となっている。彼はいろいろな事をして財を成した人らしいが、彼のモットーは、
Fight for a just cause; Love your fellow man; Live a good life.”
だったそうだ。そこで、それぞれの最初の2文字 “をとって Filoli と名付けた・・・と書いてあった。 な~るほど、うまいね。
もう一度行こうかな。でも、多分、それでおしまいかも。だって、あまりにも人工的に整頓されすぎているんだもん。

今、午前4時。写真の整理、編集は時間がかかるのだ。さて、いったいいつ寝ればいいだろうという時間だね。寝そびれついでに、それはそれは美しい、長ネギの写真を載せましょう。

 なんと美しい。こんなに清楚に穏やかに美しい。もう、長ネギは食べられません。ウソだけど。
去年、パティオの小さな鉢に植えておいて、そのまま放置されていた。それなのに、長い冬を一人で生き抜き、こんなに美しい花を咲かせた。もう、ひたすら感動!

今週末は、Shoreline Park に久しぶりに行こうと思っていたけど、どうかな。今日は、どっと疲れそう。

今日はやはり歴史に残る日になるだろう


投票権のない私は、アメリカの政治にはあまり詳しくない。それでも、今日の出来事は、10年、20年後に振り返ったら、きっと歴史上大切な日として残されているだろうと思う。

オバマ大統領が医療改革法案に署名し、正式に法案となった。10本ぐらいのペンを使ってチョコチョコと少しずつ書きたしていったと思われる。個人的には、それらのペンは誰がどこで保管していくのかの方が気になった。スミソニアンにも1本ぐらいは保管されることになるのだろう。

具体的に何がどう変わるのかはよくわからい。わかっていることは、より多くの人に保険加入をさせるようにすることが目標であること。その為の政策は、当然貧困層をサポートしていくことによって増税を引き起こす。しかも富裕層により多くを求める形となる。そりゃ~強い物のための法律を持つ国ですもの。弱者を助けるために自分を犠牲にしたくないという有力者達の猛反対にあう。会社では、政治がらみの討論はご法度だから、誰がどんな考えを持っているかわからないが、私の回りの人達も、多分、きわどい線で通過した結果と同じような割合で意見が分かれているんだろうと想像する。私は、日本で洗礼され、日本のやさしい医療制度で育った人間だもの。当然、賛成派。

今後も苦難の道を歩みそうなこの制度だけど、具体的な内容に触れているニュースはあまりない。もっと、その辺を話題にして欲しい。シングルマザーが明日病で倒れたら、どんな恩恵が受けられるのか。じいちゃん、ばあちゃんは、どんな保護をうけられるようになるのか。今までの不条理は誰が見てもわかっていたはずだ。でも、この国を動かしてきた原動力は弱肉強食、自由競争、自由主義。弱い者は死んでいくしかない。だから、ボランティア活動が盛んなんだ。そんな土壌を持つ国に、こんなに大きな変革が、どんな風に根付いていくのか興味深い。

トルーマンが、ケネディーが、クリントンが変革しようとしてできなかったことだ。きっと、法案成立のためにたくさんの妥協もしてきただろう。 だから、必ずしも理想に近いものではないかもしれない。けれど、アメリカは一歩前に踏み出した。アームストロング船長が、初めて人類の一歩を月に踏み出した時のように、大きな一歩だと私はみる。そんな大胆なことができる国、アメリカ。少なくとも、そんなアメリカは好きだ。

変わらないものは


急ぐ必要はない。でも、季節も人も、そして私も変わっていくのを感じる。やはり春という季節がそう感じさせるのかしら。

永遠に変わらないものが美しいと思い、あこがれていた。誓い合った変わらぬ愛、いつまでも若々しい美貌、初心を貫く変わらぬ決意。こんな考えは、生まれながら持っているものなのだろうか。わかりやすいからか、いつの間にか価値として持っていた。

でもね、そんな事言って無理に変わらぬものを持ち続けようとすると、苦しくなって行き詰る。日本文学は昔から諸行無常を説いているのにねー。中学校や高校の国語の時間に出会っているはずなのに、私の価値観を矯正してくれなかったのは、なぜだろう。授業をろくに聞いていなかったとか、深く意味を考えていなかったとか、いろいろあるだろう。でも本当の所は潜在意識下で拒絶していたんだろう。だって、とても生き難くなると思えたら。本当はまったく逆なんだけどね。

動いているものを理解し、つかむのは難しいと思った。そんな考えの根本には、自分は変わらないという前提がある。でも、その前提はまったくの大はずれで、自分こそが常に変化していることを自覚する事からスタートしないと、病気になってしまう。人生はコーラスのようなもの、誰かと踊るダンスのようなもの、サーフィンのようなもの。回りにあわせて自分も歌い、相手にあわせて自分も動く。波を選んでタイミングよく乗る。失敗しても、仁王立ちになって波をまともに受けるよりずっと被害は少ない。

こんなこと、わかっていても時々しがみついていたくなる。居心地のいい場所にずっと居たくなる。散りゆく桜の花びらを見ていたら、やっぱり感傷的になってしまった。はかない命、美しさだからこそ、いとおしい。友人のご家族が他界されたという知らせと花びらが、私の中で重なった。

永遠に変わらないもの・・・それは、過去の事実。すべてが変化する中で、過去だけが変わらない事実として存在し続ける。でも、だからこそ、過去にしがみついていては、波に乗らないサーフィンになってしまう。勇気を振り絞ってすくっとボードに立ち上がる。そしてバランスで波をのりきる。後ろを振り返ってもいいけど、そんな暇ないよね。

さーて、次の波はいつ来るかしら。どんな波に乗ろうかしらん。

春 – 真っ只中


今週はバタバタとしているうちに、もう金曜日。そして、春真っ只中となっていた。

Mr. Sherlock が大活躍する時。日中は暑すぎるけど、朝夕は幌を降ろすと気持ちがいい。肩に風を感じると、ついつい、笑顔がホロリ。

ついこの間の大雨の時は、幌に打つ雨の音がなんとも懐かしかった。小さい頃、長靴を履いて傘に聞いた音だった。この地に来て以来、傘をさすという習慣がなくなったため、傘すら持っていない。だから、幌に落ちるボツボツという雨音は、久々のセンセーショナルだった。でも、そんな季節も駿足で過ぎ去り、もはや春。

ここ3日間、家の近所の桜並木をずーっとみはっている。日の当たり加減で咲き具合が違うから、気をつけなければいけない。日本の桜と比べると、きっとそれほど綺麗ではないと思われる、白い桜。こんなのが、どど~っと咲いている。24March2010-10

名前はわからない。母校の校章に似ている。まさか、ソメイヨシノではないだろう。コバザクラかな?早く写真の処理をしなければ。

ところで、写真の処理のために、コンピュータを買った。うれしいほどのパワフルなデスクトップ。それでも、PCだから、マックに比べると俄然安い。Photoshopもサクサク使えること間違いなし。火曜日に届いてから少しずつソフトとデータを入れなおしている。ま、今週末には完成するでしょう。そうしたら、サクサクとまた少~しずつ写真処理していきましょう。