月別アーカイブ: 2010年9月

Yoshi’s Night


ナベサダちゃん、かわいかった。
Bill Clinton を初めて見たときと同じ。え、小さいのね。でも、だんだん大きくなっていった。やっぱり人は見かけじゃない。内面から出てくるエネルギーが人を作る。

ちょっとお年をめしていられるので、バンドの若者達に支えられていた感じ。一人ひとり有名な人達だったからノリノリ。ジャズの一番のいい所は、長いジャムセッションの後に一斉にみんなが息を合わせて入り込むあのタイミング。たまらない。ジャズはやっぱりライブじゃなくちゃ。

 バラードがね、これまたたまらない。ナベサダちゃんのサビのある音、あまり聞いたことなかった。いいね。涙がポロリと出てきちゃた。こんな時に最愛のお方と一緒にいられたら勿論、とろけちゃうよね。ま、それまではGirlsNightでいくしかない。

お寿司、ちょっとだけオーダーした。普通においしかった。ワインとバラードで十分お腹一杯になっちゃった。Yoshi’s しばらく通いたいかも。ただ一つ、遠いのがどうも・・・誰か運転してくれる人がいたら最高。

Spyware…


やられた。
おかげで、大切な夜が無駄に過ぎ去った。
AntiSpySafeguard という巧妙にできたものが突然走り出した。MSの一部のようにみせかけて、スキャンさせ、製品を買わせるとんでもない代物で、買いたくなくても動きが取れなくさせてしまう。McAfeeが入っているのにどうしたんだろう・・・と、不思議に思った。でも、ちょっといじってしまったから、危ないかなと思った時には遅かった。再起動すると、こいつがいつも出てきて、買わないと先に進めないようになっていた。

無理やり殺して、なんとかブラウザを立ち上げて調べたら、案の定、ウソ物だった。しょうがないから、Spyware を取り除くツールを買った。面倒くさいことおびただしい。何を信じていいか簡単にはわからない。車や男を選ぶ時と同じだ。一生懸命いろいろなサイトを読んで、エイッと選ぶしかない。

ああ~、3時間ぐらいこんなバカバカしい事に付き合わされてしまった。もう、寝るか。

今週末は楽しいことが待っているんだ。明日は、話せば長くなる経緯で、なぜか、とある人とお夕食をする。あまり乗り気ではないのだが、知らない人と話をして、その人の生き様を垣間見るのは、ある意味小説を読むようで面白い。オチがあるわけでもないが、みんなが違った思いを抱いて生きている姿は美しいのだ。そんなものを見られたらいいかな。

土曜日は、すったもんだの果てにナベサダのライブに行く。やった!初めてYoshi’sに行くことになる。こんなに長いことここに住んでいて、なぜ行ったことがなかったのかな。ま、それはさておき、楽しみだ~!サダッチはもうすっかり年寄りだから、ちょっと心配だけど、彼のライブは初めてだもんね。それに、Yoshi’s のこじんまりした会場はきっといい雰囲気をかもし出してくれるに違いない。難点は、遠いこと。1時間ほど運転して行って、1時間ほど運転して帰ってくるという面倒くさいことを、夜しなければならない。こういう時、男がいればいいのにな~と、つくづく思いますワ。

日曜日は、久しぶりにGirls’ Dayだ。友人が一ヶ月ほどインドに行っていたから、その間なかった。久々に女の子だけでわけのわからない話をすることが出来る。バカな話をして、笑い転げて、何も飾ることなく、評価されるわけでもなく、そのまんま意味のない事をするって・・・よいよ~。

全然関係ないけど、WACOM優れものだ~!日本語もOKだよ。サポートしているアプリでは、日本語も普通に書けちゃうの。画数の多い漢字はタイプしたほうが早いけど、気分的に普通に日本語を書きたい時は、私のへたくそな文字もちゃんと認識してくれてる。良い子だね~。

Wacom


腱鞘炎が本格的に治ってないこともあり、やっぱり痛かったので、買った。
Bamboo Fun
さっきから使ってる。まだ指だけの操作は慣れてないからぎこちないけど、ペン操作となると、俄然早い。あまりキーボードを使わない時はペン操作でバッチリかも。まずはこのタッチパッドで練習ね。気に入ったら一段階上のCintiq 買いたい。

これでPhotoshop の習得にも身が入るというもの。ペン操作は、非常に軽く、ちょっとした絵は問題なく描ける。Lightroomを使っていた時、手首がどんどん痛くなってきて、苦しかった。ちょっと使っただけだけど、明るい光がさして来たようだ。ウヒヒョ~!

終わった~!ワイン開けた~!


なんとかー ついにー 税金申告の資料・・・完了!
数字はどうであれ、終わった。めちゃくちゃホッとする。
明日はしっかりとCPAのオフィスに書類を持っていって行こう。車がパンクしてもシャワーしなくても持っていく。

ご褒美に Grgich Hills の Cab を開けた。おいしい~!

あ、ナベサダがYoshi’sに来るんだ。しかも今週末。買えるかな?CPAの所に行って、郵便局に行って、それから電話してみよう。
つーか、仕事どうするねん?まずいな~。明日朝からちょっぴり大切なことが待っていた。
Urgent, Important, プライオリティの4つの枠の中の一番の枠に全部入っちゃうよ~
う~ん、Yoshi’sは他と比べると重要度が少し低いか。。。でも、行きたい!誘っている友人がそもそも行けるかどうかわからなかった。この際、チケットだけ先に買うっていう手もありか。

しばらく貧しくなります


先週からずっと、一番しなければいけないのに先伸ばしてきたことをしている。そして今、朝3時ちかいのに、まだ終わってない。

ちょうど大ちゃんも来ないなんてドタキャンをまたしてくれたおかげで、時間ができた。でも、その分、だらけたかな。ともあれ、それでも時間がない。もう、今週末で決着をつけなければ先にいけないところまで来ている。 税金申告のための資料集めとまとめ。CPAが待ち構えている。すでに延長をしてもらっているので、10月15日の締め切りに間に合わせるには9月15日までに完了させなければいけないんだって。彼のバケーションが待っているしね。

それと同時に二つの事が起こっている。貸家を一軒売る準備。そして、2軒のローン組み直し。全部私の経済状態を徹底解明、すべての資料を提出しなければいけないので面倒くさいこと!
しかも、資料が完璧に集まらない。特に去年1月から4月分。それに輪をかけて、Quickenが消えていること。新しいコンピュータに代えてから準備し直そうとしていたのに忘れていた。もう・・・さすがに呆れる。

たった今Quicken 2010 Rental Proprty Manager を買いなおした。これで、一番簡単な収入の情報を集めることが出来る。問題は1月から4月の出費の情報だ。Rafcoという不動産管理会社を使っていたのに200%いい加減な仕事をしていた。クビにはしたものの、情報が入ってくるわけでもない。困った~。

そうこうしているうちに、契約書をすべて提出せよという催促。そうこうしているうちに、銀行預金すべての証明のしなおし。経費の消滅は、最悪放置するとして、歳入は誤魔化すと後が怖いから、徹底的に解明しておかなければいけない。IRSにつかまったらどんな怖いことが起こるのか想像がつかない。

同時に、すでに限りなく貧しくなることはわかっている。一番大きな負債を際限なく続ける貸家を一軒売るためには、かなり大金を支払わなければいけない。物を売ったら収入があるという通常概念は2年前に死滅している。なんだか、日本の粗大ゴミ並みの扱いだ。いや、100倍ひどい。

まだまだ心の平穏は遠いけど、少なくとも最悪状態から脱出できるかな。でも、そうするためには、この大混乱を通り抜け、厳しい現実を受け止めなければならない。
しばらく貧しくなります。

今日の日に


もう、9年も前の事になる。個人的には何のつながりもないこの日、9月11日

まるでスローモーションビデオを見ているかのような朝だった。会社についてもなぜか時が止まったような静けさだった。私のオフィスの前の廊下で出会ったたった一人のエンジニアが大変なことになった、と、告げた。いつも笑顔の彼が神妙な顔をしている。ジョークか本当の事かわからないままコンピュータスクリーンの立ち上がりを待った。

様々な話が飛び交い、誰がどんな意図で、どんなプロットで、本当の仕掛け人は誰か、などなど、仕事にはならなかった。アメリカ国旗をオフィスの窓に掲げる社員が増えた。メディアを通してしかわからない映像をどう捉えたらいいのかわからなかった。本当はプロパガンダのために仕組まれたのではないかという裏話も飛び交っていたからだ。唯一つの事実は、多くの貴重な命が一瞬のうちに破壊されたと言うことだけだった。

アメリカが一つの国としてまとまろうとする時、私は自分の立場を失う。私はこの国に、Permanent  Resident Alien として寄生しているだけだからだ。投票権もないし、強制国外追放もありえないことはない。私はこの国を愛しこの国のために何かをする事を公に認められていない。生きるためにこの国の制度を使っているだけだ。独立記念日に人々が輝きの目をしながら国家を歌い、America Beautifulを歌うとき、傍観者としての自分を発見する。

かといって、市民権を持つ日本も私にとってどんな意味があるのか説明に困る。一度も選挙投票をする機会のないまま、遠い昔に日本を出てしまったし、生活基盤のない場所に何を見出せるのか。唯一つ私の中に残っているものと言えば、この言葉だろうか。私の日本はこの言葉と共に存在する文化だ。しかも、私の中でのみ事実となった私の生きた時の日本の文化。

世界は情報網の発達で急速に近くなったとはいえ、同じ文化を分かち合うことはまだとても難しい。今日のオバマ大統領とミシェルオバマの演説を聴いて、ホッとした。9年前の最後の惨劇に焦点をあてるのではなく、そこに至るまでのすべてを受け止めよう。憎しみではなく、犠牲者の最後まで勇敢に生きたその様を受け止めて、彼らの文も一生懸命行きよう。そんな趣旨だったように思う。そこには、アタックのショックを元に国民の怒りを利用して博愛主義を高めるとか、そんな政治的な用途に使おうという匂いは感じられなかった。

この9年間を振り返ると、いろいろな想いがよぎる。つい一昨日は、ここからそれほど遠くないサンブルーノという街で大爆発が起こり、まさに晴天の霹靂、多くの方が亡くなり、多くの被害が出た。理由は当然ある。ナチュラルガスが漏れていたらしい。そして、突然の大爆発、大惨事となった。PG&E の管理の仕方が問われるところだ。ただ、私の中ではこの爆発も9年前の世界貿易センターのアタックも同じレベルで捉えられているんだと気付いた。いいとか、悪いとか、そういう判断をすべて取り去った後、もしも私がその最中にいたら、最後の瞬間に何を思うだろうかと。

勿論、きっと大半の人がこの世の中を良くしたい、何か役に立てればいいと思っているに違いない。ただ、何かをするということは、自分では想像も出来ない結果をもたらし、それが誰かを不幸にする事もありえるという事を頭の片隅に覚えておく必要がある。今ある現実も自分にとっての現実でしかなく、他人はまったく違う現実をもっている事をわきまえておく必要がある。つまり、故意に憎悪を持って誰かを殺めたり、自殺をしたりしない限り、正邪や価値判断に迷って何もしないより、何かをするしかないということではないか。生きると言うことは、経験をすることなんだから。
自分や他人を裁くのではなく、今を精一杯生きよう。それだけだ。

今を大切にしたい


今日は2回目の初級 Linedance のクラスの最終日だった。
いつも自分の取っているクラスは特別にいいクラスだと思いたい。実際いいクラスだったと思う。なんだか一人ひとりが自分を持っていながら競い合うことなくそのままでいられた。だから、すごく仲良くなった。前のクラスの時のクラスメート3人と共に同じクラスを取り、新しい人が3人増えた。それでも、みんなとても仲良くなれた。

そんなクラスの最終日。私はクラスメートのロンダにもらったキュロットスカートをはいて出席した。絶対みんなとワイワイとクラスの後にどこかに飲みに行くだろうと思ったし。
でも、ちょっと違った。パティが急に倒れてスタンフォードのERに担ぎ込まれた。いろいろな事がいっぱいありすぎて、書きつくせない。でも、彼女の事、何も知らない。11月にはラスベガスに引っ越してしまうこととか、離婚した事とか、そんなことぐらい。1週間ぐらい前に禁煙をし始めたんだって。私と同じように一人で暮らしていたんだ。だから、彼女の淋しさ、不安なこと、よくわかる。それでも、そんな事ぜんぜん話さないで楽しく一緒に過ごせた。先週の水曜日は一緒に踊りに行った。楽しかったよね~。

もしかしたら、たいしたことないのかもしれない。きっと、きっと、2週間後にまた元気な顔してクラスに来て欲しい。私たちの初級クラスは普通の初級クラスとはレベルが違うんだぞ~!私たちがこのクラスを特別なものにして、レベルも上げてるんだから。だから、絶対に来てもらわなくてはいけないんだ。今はゆっくり休養して欲しい。いろいろな事がありすぎたよね。

・・・こんな風に思う気持ち・・・遠い昔の高校生の時みたい。大切にしたい。

と、いうことで今日のクラスはたった4人で、淋しかった。でも、ちょっと難しいダンスを習ったので、私たち、やっぱりいけるよね~と再確認した。

この辺で、今期学習したダンスをリストアップしておこう。

全部いい。でも、しいて一番好きなダンスと言ったらToesかな。Southern Delight も楽しい。Chocolate City Hustle はロックのリズムにのって好きだ。Hillybilly  は一度覚えたら忘れられない。Copper Head Road も独特な味があっていい。う、う~やっぱり全部好きだ~。