月別アーカイブ: 2011年4月

揺れてる


毎度のことで。
不甲斐ない。
私の今を決めるのは私だけ!・・・なんて叫んでも、いろんな事に触れ、感じて、反応する心を制御するのは難しい。

昨夜から、今日も一日中 Yanni を聞いていた。iPod Touch には 100 以上のYanni の曲が入っているから、一巡するのに8 – 9 時間かかる。そして、帰る時も Mr. Sherlock を走らせながら、世界で一番美しい夕暮れ場所を見ながら、Yanni を聞いていた。もう、どっぷり彼の世界にひたって、揺れてる~~自分をちょっと美しく思い描いてた。
彼の曲はすべて雄大で、あふれ出る愛そのもの。暖かく、やさしくもたくましい、無限大の愛に包み込まれるようだ。折に触れ、私の鼓動とリズムが一致した時、怒涛のように感動の渦が押し寄せてくる。
だから、私の感性は敏感になって、感傷的になったりもする。
多くの人は、こんなに重くないのかな。
もっと軽やかに、サラリと美しく時を超えていくことができるのかな。

玉葱男。あんなに満たされていた昨日が、夕日の美しさと同じようにはかなく思え、悲しくなる。
電話してみたり、メールしてみたりしたい所を、ぐっとこらえて、断じて私からコンタクトしないんだぞと、意味もなく意地を張っては、さらに悲しくなる。お~、中学生。

な~んて書いてみたけど、本当は、OpenStudiosへの出品作品のことで、落ち込んでいたんだとおもう。
自分の興味だけでここまで来たけど、いまさら、自分の行動にあきれている。いざ、作品選びとなると、自分への期待が 高くなりすぎて、何も選べなくなってしまう。お気に入りの1枚は、すでに提出して、壁に展示されるようになっている。でも、その他のコレクション選定で、 もう駄目。行き詰まりどころか、駄作ぞろいの中から何かを選ぶこと自体に、絶望。印刷すると、色がまた違ってくるし、も~~。
不覚にも、涙が出てきて、先に進めてない。玉葱男にも励ましの言葉をもらったけど、元気でない。
そして、Yanni がね、いいんだよって言ってくれている。それをあと100回ぐらい聞いたら、きっと元気になるだろうと信じて、彼の世界にどっぷりとつかっているわけ。玉葱男はそんなに長いこと、繰り返し元気付けてくれるほど時間もないし、忍耐力もないもんね。

鼻痛い


喉痛い。
アレルギーかと思ったら、風邪で、肺炎も併発してたって。そんなバカな・・・
でも、医者の言うことだから、確かなんだろう。ビタミンC点滴も効果なし。抗生物質飲んで、風邪薬飲んで、何も覚えていられないほど、寝ていた。
悪い夢を見て、目が覚めた。こんなこと、何年ぶりだろう。
今週はどこに行ってしまったんだろう。
今年初の風邪だから、許してあげよう。

さっき起きて、シャワーしながらふと、思いついた。
もしかして、これって、ホルモンパッチと関係ある?
最近、処方されたHRTVivelle dot を辞めてみようと、勝手に考えていて、実際に付けずにいた。そして、しばらく忘れてしまった。考えてみると、そのころから、いろいろと問題が起こっていたような気がする。
去年の9月に医者に「1年経ったから、辞めてみる?」と聞かれた時、続けたいと言った。ちょっと怖かったから。ところが、最近心境の変化あり。一時的な処置のはずだし、あまり人工的なものに頼ってはいけないかな・・・と突然おもいたったわけだ。付け忘れも多かったので、面倒くさがり屋の私には、自分の決断が嬉しかった。でも、やっぱり医者に相談してからのほうがよかったかも。一気に辞めるとホルモンバランスが崩れるのでよくないらしい。0.1 mg ってそんなに威力があるのか~な?
で・・・さっき、慌てて付けた。

ゲームとゲーム


20110417-IMG_0003男の子はこんなもんですか?
初めて会っても、特別な会話があるわけでもなく、ゲームが始まっていたような。
そうだ、私はwii のコンソールを持っていくのを忘れて、取りにいっていたんだった。
だから、その間、どんな会話があったのか、不明。
ばんちゃんは、大ちゃんに家具の移動を手伝ってもらいたがっていたみたいだけど、生憎、彼はアキレス腱を痛めていて普通に歩くこともできなかった。
後で大ちゃんと少し話した時、曰く、ゲームの仕方でその人の性格がわかる。だから、それなりに面白いと言うことだった。エリックの場合は、それでもまだよくわからなかったらしい。と言うのも、膨大な時間を注ぎ込んでいるので、ゲームの隅から隅まで知り尽くしている。難しいい場面に遭遇しないと、なかなか性格が出てこないからわかりにくいんだって。
大ちゃんはもう大人なんだなと、再認識。エリックはひたすらはしゃいで楽しそうだった。大ちゃんはどうだったかな。今度はもう少し一緒の時間がとれたらいいな。

17歳の長老のポンゴも、2階から下りて来て珍しい光景を観察していた。

21歳の誕生日がやってくる。盛大にパーティーを開いてあげたい。FanimeConの時がよさそうだけど、時間取れるかな。形だけではなく、本当の意味でのお祝いをしてあげたい。21年間、私の息子でいてくれた感謝の気持ちをたくさん込めて。そして、同じ大人としてのスタートの祝福。

土曜の朝に


朝一に読んだニュースは、今日一日がいい日になるような気にさせてくれる。
田野畑
http://www.asahi.com/national/update/0416/TKY201104160348.html
ARIGATO
http://www.yomiuri.co.jp/national/news/20110416-OYT1T00585.htm?from=main4

今日は漢方についての講習会がある。何でそんなの受けるの?体にいい事には、何でも興味を持つお年頃なんですねー?なんて声が聞こえてきますが、まさにその通りです。

でも、理由はもう一つあって、先月に行ったフラワーアレンジメントで知り合った方、IBMにお勤めの方にもう一度お会いできたらラッキーと、思っているから。私から見ても、とても心配になるような、ユニークな方だった。帰りがけに、メアド交換しようと思ったのに紙がなくて思案していたら、「これでいいわ。そこに名前と電話番号が書いてあるから。」と言って、チェックブックの一枚をピリリと破いて渡してくれた。

エッ?これ~、個人情報がすべて入っているんですけど~、そんなに信用されていいの~?!!!

そんな衝撃の方だった。人を見抜くことのできる天才か、世界愛護協会の会長か。
ネットで彼女の名前を探したけど、ぜんぜん出てこなかった。IBM関係で探してみても出てこなかったので、かえって心配になった。結婚暦4回とドハデと同じ業界の所が、もう少し話してみたいと思った理由。でも、不安材料もあるので、またご縁があったらグループに入れて放置しておいた。だから、会える確率10%以下だけど、ちょっと期待している。

さ、このコーヒーを飲み終えたら、お出かけ準備しはじめよう。午後はばんちゃん家に行って、エリックの部屋の装飾デザイナーの仕事をすることになっている。これも、何で~?なんだけど、話の流れでそんなになっちゃって。面白そうだから、引き受けた。

そうそう、昨夜は面白かったよ。彼、体が大きくて、結構ハンサムで、鋭い目をしているから、一見怖そうだけど、かわいい~。子供だ~。人との付き合い方がよくわかっていないだけなんじゃないかな?カウンセリングなんか受ける必要があるのかな?ま、大ちゃんも一時期受けていたけど、何年も続けていたわけじゃない。この国はやたらと Shrink が好きなんだ。私から見ると、いたって普通の男の子。明日の大ちゃんとの昼食会が楽しみになってきた。

税金申告


月曜日にCPAに収めたから、終わりだと思っていた。でも、ファイルする前、サインをする直前の最後の見直しをしていたら、彼の間違いを発見。
同時に、LLCや投資物件の事など、もう一度相談して、ぎりぎりセーフ。
当然、手数料を払わないとファイルしてくれないから、慌てて払ってきたよ。ウェブ上での自動振込みがパンクしてたみたいなんだもの。うひゃ~。気になっちゃって仕事どころじゃなくて、金曜日だというのに、息つく暇もなし。
ま、それも無事終了。ひゅ~~ 頑張ったね、私。

毎年恒例、アメリカ全土で緊張の締切日を迎えるんだから 
:::ホント面白い:::
・・・と、ちょっと余裕でコメントしたりしたんだけど、ついさっき拍子抜け。
4月15日は締切日って決まっていると思ったらー、今年は18日だって。え~っ?
週末ならともかく、今日はまだ金曜日でしょ?そんなー、勝手に変えないでよ。
なんかな~、損した気分。昨日の夜、NECのミーティングの帰りに、ラーメン食べに行こうって誘われたのも断って帰ってきたんだよ。そうとわかっていたら、家でわびしく、残り物をビールで流し込んでなんていなかったぞ。

ま、いっか。終わったことだし。それに、今晩はばんちゃんの家でお夕食。エリックと3人で初めてのお夕食。いったいどんな会話をしましょうね。ドキドキ、ワクワク。大ちゃんに相談してみようかな。若者大好き!

だから今日はあと2-3のタスクを終わらせて、終了としよう。日曜日には、大ちゃんが来るんだもん。
Mr. Sherlock を洗車しておこう。家の掃除もしておかなくちゃ。彼の大好きな大福でも買っておこう。
ちなみに、エリックはどんな食べ物が好きなんだろう。背の高さだけは、ばんちゃんと同じぐらいだけど、まだ14歳ですからね。子供です。大福好きかな?所沢駅前の和菓子屋さんのイチゴ大福だったら、きっと好きだと思う・・・ ま、そんな無理なことは消しゴム。Kerry のチーズケーキはおいしいよね。でも、山越えしないといけないから、これも消しゴムか。あ、Beard Papa のシュークリームはどうかな。家から歩いて5分、Mr. Sherlock なら1分だもの。きーめた!

2011 年の4月の雨


Mr. Sherlock を会社へと走らせながら、幌に落ちる雨音を聞く。去年の今頃も、4月に雨?と思いながら雨音を聞いていたかも知れないと思いつつ、でも、それ以上に今朝の出来事に思いをはせていた。

突然の一通のメールは、30年以上も昔の記憶をよみがえらせてくれていた。
今更だけど、時空を超えて人々と瞬時に繋がるバーチャルの世界の便利さに感謝。
いやはや、すっかり忘れていた遠い遠い過去が、じわり、じわりと蘇ってきましたぞ。

岩手県の田野畑で過ごした合宿の日々。昔の自分をなぞってみると、透明人間のような、自我の確立ができてなかった少女を発見。うっふぁー、雲の上をフワフワ浮いているようだと誰かに言われたとおり。もう少し、その時に発見したこと、体験したことを大切に、じっくりと踏み込んで理解できていたらよかった。人々の優しさ、たくましさ、そして弱さも、もっと理解できていたらよかった。私は幼すぎた。

ま、今でも大して変わらないか。でも、そんな自分に気づいているだけましかな。人の心が理解できるようになるには、やっぱりそれに伴う経験がないとだめ。苦労しなくてもいいなら、わざわざ苦労を買って出なくてもいいと、言った人がいた。でも、少なくとも私の場合は想像力乏しいから、ハンズオン学習が必要かな。苦労し、その中からもがいて自分の進む道を発見していく過程が生きることだと思う。そうじゃないとつまんないし。それを苦労と呼ばず、チャレンジと呼び、いつも好奇心は旺盛でいたい。そして、その好奇心のワクワクから意図的なチャレンジができた時、私の成長があったと思うんだ。

一日の終わりのご褒美に、SF湾の奥深くに見える夕日。この夕日を見るといつも、ジワッときて、ありがとうって、感謝する。美しいだけじゃない、雄大な自然の暖かさがあるからなのね。あ、これは歳をとったというより、経験値ね。
4月の雨はもう上がっていた。だから、幌をおろして帰ってきたよ。
冷たい風にツンとさせられて、鼻水がチョロリと出てきた。ついでだから、ちょっとメランコリックに格好付けて・・・かつての友は、どこで、どんな思いを込めて、何にチャレンジしているんだろう・・・なんて。そうそう、今だからこそ、若かった私も含めて、みんな懐かしくて、いとしいよ。
そんな彼らに、熱い声援のエールだ~!

したい事リスト


あと30年生きるとして、どうしてもしておきたい事はそれほどあるわけではない。
昔はしたかったのに、どうでもいいことが増えているからだろうか。
それでも20-30ぐらいあるだろうか。今後どう変化するか見てみるために書き留めておこう。
1年に1つ達成すればいい計算になる。体がついていけない年になっていくにつれ、ますます達成度は減っていくはずだ。
中でも、スカイダイビングや無重力体験は早くしておかないと。

今週末の体験は、リストには入っていなかった。想像もしていなかった。
半分夢みたい。うっそ~、こんなこと~?しちゃった。
強烈なドキドキ体験、想像力の乏しい私には思いもつかなかった事。ただ、その結果、たいしたことないんだねという、ガッカリ感はぬぐえない。やはりしたい事リストには入っていなくてもよかった。でも、人生観ちょっと変わったかも。
何をしたかは、う~ん、書けない。

初体験といえば、OpenHouseに出品する作品の準備は初もの。すごく疲れたけど、すごく充実していた。
出品選び、そして、印刷、色の調整は結構難しい。
緊張のマウント、紙の大きさとかの選択も2-3のサイズを照らし合わせると、ずいぶん違った印象になる。その後、紙を正確に測り、マットカッターで切っていく。写真に油がつかないように手袋をして、きちんと中に収める。
完成した写真は自分の作品とは思えないほど美しい。孫にも衣装。
ばんちゃん先生ありがとう。これで準備完了です。