月別アーカイブ: 2012年4月

Eureka


20120420-IMG_1702Eurica にはキャンプ場があった。
勿論、水の便はない。
でも、なんとトイレがあったのだ。

さっさとテントを張って、暮れようとしている夕陽を捕らえたかった。
そこへ、 白い砂埃をたてて一台の車が近づいてきた。
う、う~、誰も近くに来て欲しくないな。
朝も日の出前に出かけたいから、騒がれたくないし。

20120420-IMG_1708

はたしてドアを開けて出てきたのは、sシンディ ローパーとリーズ ウェザースプーンを限りなく崩し、ドハデにしたような若い女の子達だった。

「これがあなた達のテントなの?」と、ちょっと怖い質問を、アクセントのある声で聞いてきた。
20120421-IMG_1859
質問の意図がわからず、「何処から来たの?」と、無難な質問で返事した。
「フランクフルト。」
どおりで英語が少しおかしいと思った。
その後は、これから行きたい所、どんな風に行くのか、ホテルは、などなど、すっごく不思議な質問をしてきた。

そもそも、すでに日は傾きかけている。
そして、ここは普通の観光客は来ない所だ。
道に迷って来るところではない。計画して来る所だ。
20120420-IMG_1732
いぶかっている私とは正反対に、ばんちゃんはすごく親切に、道の説明やら、場所の説明をしてあげていた。
まあ~、男ですから、かわいい女の子にはデレデレしたいんだよね。

でもー、私たちはこれから砂丘に登って写真を撮りたいのだ。時間が無いんだぞ!
いざとなったら、私一人で砂丘に登る覚悟をしていた。この期に及んで夕陽を見逃すことなんて、考えられなかったから。

せっせとテントの準備とカメラの準備をしていたら、彼女達はホコリをたてて去っていった。
それはそれで、非常に心配になった。気をつければ夜でも大丈夫なはずだけど。

砂丘の上は、まるで真空管の中にいるような静寂さだった。
見えるものすべてが息を呑む美しさ。
何をどう撮ったらいいのかわからない。
旅から帰ってきた今でさえ、写真の編集をどうしたらいいのかわからず、すべてそのままだ。
美しいものは、ただ美しい。
Flickr の写真。

その夜は、一枚だけシャッター開放時間63 秒の夜空を撮った。流れ星が撮れていた。

バックカントリー


20120420-IMG_1381Racetrack を後にして、いよいよばんちゃんにとっての山場、バックカントリーの山道へと向かう。

ここから先は地図には載っていない。
Saline Valley Road まで約7マイル、約1.5 時間かけて通り抜けた。

ところどころ難所はあるものの、彼にとっては、過去一番の難易度ではないらしい。

すでに華氏110度を超えていた。
20120420-IMG_1408途中でトイレに立ち寄ったが、目の前で蒸発していく。

ふと見ると、トカゲのようだ。
こんな炎天下でも彼らは戦えるのだ。

ばんちゃんは狂喜して、ワイドレンズを使っていた私に近づかないように警告した。
でも、彼がズームレンズを準備している間、動いてしまった・・・

しばらく険悪な状態となる。 
20120420-IMG_1484
「ワイドでは絶対に撮れないからって言ったじゃない?」
「こんなチャンスは2度とないかもしれなかったのに・・・」
たしかに。ごもっとも。返す言葉もない。

私が捕らえた画像は、かろうじて何かが見えるほどのお粗末なもの。

Saline Valleyの砂丘も過ぎて、いよいよSteel Pass Road に入る。
標識はないから、GPSコーディネートで確認が必要だ。

依然としてデコボコ道で疲れる。
でも、何やら白い地帯が前方に見える。そして、そこだけが緑色だ。
そうこうしているうちに、黄色いセスナが丘の上の方に見えた。
む・む・む・・・飛行場?
どんどん近づいていくと、なんと温泉だった。
荒地の真っ只中に温泉だ~!
しかも、ヌーディストの温泉らしい。
そっか。ここは自家用飛行機で来る、かなりプライベートな温泉場だったんだ。
残念ながら、残された道の事を考えて先を急いだ。

 

さて、ここから先はEureka まで、約30マイルの Steel Pass が本格的に始まる。
まさに難易度の高い道となる。

書きたいことは山ほどある。
ありすぎるから、90 秒弱にまとめたビデオが一番いいかもしれない。

次の山、次の山・・・と期待が高まっていく。
そして、ついに砂丘の頭の先が見えた。
その時の感動は・・・ずっと大切にしたい。
私の大切な宝物だ。

動かない動く石


190号線を北上し Scotty’s castle road をさらに北上する。
舗装道路は Ubehebe Crater に行く道あたりで終了する。
クレーターは大きいが、あまり鑑賞の仕方がわからず、さっさと先を急ぐ。

その後、Teakettle Junction のサインまでデコボコ道を延々と2 時間ほど走る。味気の無い風景と激しい揺れが、よけい長く感じさせる。サインを見てからは、ワクワク度が高まる。
そして。。。突然遥か彼方に違った景色が見えてくる。
あの白い部分は何?あのポツリと黒く見えるものは何?

答えを待つまでも無い。
謎の「動く石」のある場所、 Racetrack Playa なのだった。
黒い部分は、Grandstand と言われるPlaya の中にある岩の山だ。
人はほとんどいない。4WDでないと、来られないからだ。

20120419-IMG_1220

午後4時。暑いピークだ。
私の風邪も気になるし、とりあえずはキャンプサイトの物色を始める事にした。

20120419-IMG_1275
Racetrack から2マイル以内はキャンプ禁止だが、その他は、何処でもいい。

この規則、なんだか不思議だ。
規制社会どっぷりから、何処でもいいという感覚。
大自然を前にして躊躇する。
ともあれ、手ごろな場所を発見。
荷物を下ろしてテントや夕食の準備をしはじめた。

・・・と、黄色いすずめが舞い降りてきた。
これは・・・水を求めてきたのかな・・・と思った。
そして、ガラパゴス諸島の旅行中のことを思い出す。
水のない島の鳥は、遠くからでも水を察知する。だから水ボトルをバッグから出すのも禁止されていたからだ。
ここも、砂漠。 まさに水が無い。

ところが、どうやら様子が違うようだ。
車の窓ガラスに映る自分の姿と格闘していたと思ったら、ばんちゃんの足に飛び降りてきた。

結局、翌日テントを撤収するまで立ち去らなかったので、ビルと名づけた。

20120419-IMG_1303
星が降る山間の丘で寝た。
高校の山岳部の時以来だ。
そして、岳人の歌を思い出した。

星が降るあのコール グリセードで~
あの人は来るかしら 花をくわえて~
アルプスの黒百合 心ときめくよ~

人の記憶は、やはりどこかに格納されているんですね。忘れるんじゃなくて。

翌朝は日の出前に Racetrack に行く予定だったが、昼ごろまで寝ていた。私の体調が依然として思わしくなかったからだ。

だからか、思い描いていたショットは撮れなかった。ま、あの状況下では、こんなもんでしょ。

20120420-IMG_1326

ただ、あの炎天下、あの平地を2-3マイル歩いた後、不思議に元気が出てきた。
風邪菌がたまげてどこかに行ってしまったのかも知れない。

未だに科学者の検証がされていない「動く石」。
たくさんあった。
動いた後にできる「石跡」の線が、まっすぐだったり、うねっていたり。
どんな理由でも、わからないままでも誰も困らない。
だったら、そのまま謎のままでいい。

石跡をつけた石たち。
動いているところを見たことのある人は、まだいない。

「動く石」は、じっと、存在していた。

鳥が決めてくれた


20120419-IMG_1172Furnace Creek Ranch にたどり着いた時には、
風邪菌の猛威に打ちのめされていた。
だから、このロッジの記憶はほとんどない。

部屋に着いた途端ベッドに寝込み、
苦しい夜を過ごした。
朝になっても体調はよくならず、ロッジで良くなるのを待つか、帰るかの選択をしなければならなかった。

パティオへのドアから見える外の景色は、
やけに明るい。
コーヒーを持って外の椅子に腰掛けた。

「華氏 110 度を越える暑さになるって」と、ばんちゃん。
「このまま、ここにいるのもいいかも」と、私。
「あの鳥が、やけに攻撃的なんだ。この鳥は、ミミズをもう3匹も見つけて食べちゃったよ。」

どうでもいいけど、この鳥、やけに近くに来てませんかね・・・と思っていた矢先、テーブルの上にのって来た。
「きゃ~」と、悲鳴をあげて非難した。
と、同時に部屋の中からカメラを持ち出してパチパチとシャッターを押し始めた。

「なーんだ、まだ力が残ってるじゃん」
そんな自分を発見したら、急に予定通り旅を続けたくなった。
決めてしまえば、後は頑張るのみ。さっさとロッジをチェックアウトして、北へ向かった。

20120418-IMG_1085
ちなみに、ロッジで倒れる前の事。

Badwater という、海面下 86m の水のない湖に行った。
冬、雨が降ったら湖となる。
一面、塩で覆われていて、朝日を受ければいいショットになるかもしれない景色が広がっていた。
そう、風邪で寝込んでしまったため、果たせなかったショット。

また、Artist’s palette という場所にも行って見た。
ふ~ん、そっか~
そんな景色を眺めた。

それより、特記することはですねー、
看板が・・・無い!

切り落とされていた。
ばんちゃんの両親が訪れた数十年前には、ちゃんとあった。
その時の写真を見せてもらったから、しっかりと確認している。
そのまま、無しの状態。
予算カットですか?それとも、景観を害するから?

休暇シンドローム


これ以上は望めないほど素晴らしい休暇から、帰ってきた。
出発時に、すでに私の体内に入っていたと思われる風邪菌も、共に帰ってきた。

もう、菌は退治完了と見てもいいだろう。でも、かみ過ぎて赤く荒れた鼻周辺が、悲惨さを物語る。
おまけにお肌はボロボロ、新しいシワ群が眼の下に鎮座し続け、腕には湿疹が広がっている。
コスメドックがあったら1週間ぐらい入りたい。。。。もう手遅れなんだけどね~。
そんな過酷な環境下の旅だった。

それでも言える。行って来た価値あり。Death Valley の南だけを見て回る旅だったとしたら、
この感動は手に入れられなかった。

20120421-IMG_1858

それにしても何とかしたい事が一つある。バケーションをとると必ず病気になる癖。
だから、特に最初の2-3日は過酷になる。何のための休暇だろうかと、まさに泣きたくなる時をすごすのだ。

Furnace Creek Rodge の雑貨屋さんが言ってた。
「バケーションに出かけると必ず病気になる人って、意外に多いんだよ。休暇シンドローム。」

さてさて、休暇も終わり、病気も治ってきたところで、ボチボチ書きましょうかね。
これはFlickr の写真ページ – Death Valley 旅行記

いよいよ出発


いよいよ明日、仕事の後即出発となる。
大方準備ができた。心配なところは3泊目から4泊目。
Furnace Creek の心地よいロッジを出てからの旅だ。

Racetrack 近辺にはキャンプ場はなく、2マイル以内のキャンプは許されていないことがわかった。だから、水もトイレもない。シャベルで穴を掘るしかなく、トレぺは燃やす。

その後、さらにオフロードをうねうねとゆっくり走り、Saline Valley の砂丘を見て、Eureca Duneでまたキャンプする。
ここが一番心配な場所だ。

ガソリンもタンクに入れて持っていく。スペアタイヤもある。が・・・
何かあってもレンジャーが来る場所でもないから、誰かが来るまで待つしかない。勿論、携帯は使えないのだ。
ばんちゃんの運転をそこまで信頼できる・・・?

この質問は究極のところ、
「道路の反対車線を走ってくる車の運転手を信頼できるのか?」
と聞くのと同じようでもある。誰かの口癖、Preposterous!

まあ~、人生も同じようなもんだ。
しっかり準備しても、安全だと思っても、事故は起こりえる。じゃあ、やめるの?
そんなんじゃないよね。
生きるという事は、チャンスを掴んで前に進むこと。ちょっと怖い時は、その向こうにあるワクワクを思い描こう。
フム、旅の前に私の人生、再確認ね。今ドキドキ、ワクワク!

次は服の準備。悩むところだ。真夏と真冬の究極の準備が必要なんだって。
だから荷物はどんどん膨れ上がった。車に入りきれるかな。XTerra の屋根に積み上げますか。

Death Valley ミニ知識:

4月の最高平均温度は90.5F (32C) 最低平均温度は 62.1F (16.7C)
これはFurnace Creek の温度だ。だから、Racetrack やEureka のような高度のある場所はもっと低くなる。
ちなみに、最高記録温度は4月でさえ 111F (42C) 。
また、一番熱い月は7月で、 134F (57C)と記録されている。 まさに死の谷だ。

この地図には載っていないが、ぜひ立ち寄りたいところが一つある。Manzanar 
第二次世界大戦中に、アメリカに帰化した日本人たちが強制的に移動させられてきた場所である。アメリカ全土に10箇所ぐらいあったらしい。思い出したくない歴史の一つだ。

シエラネバダ山脈が一望できる、すばらしい場所だ。アラスカを除いたら、アメリカで一番高い山、 Mount Whitney が目の前に見えるのだ。観光としてならいい。でも、半ば強制収容所のような生活を強いられた人達にとって、この自然は厳しかったろう。どんな景色が見えたのだろうか。

India Culture Center


20120414-IMG_0869

友人の歌の発表会ということで、出かけていった。

間抜けな私は、ハイウェイの出口を間違えて大幅に遅れた。
慌てていたせいか場所を間違えたようで、大会場が隣にあるのも気づかず、小さな部屋の演奏を見ていた。
会場の人にも場所を確認したのに、聞く人を間違えたのかもしれない。

結局、友人のパフォーマンスを見逃した。
それどころか、会うこともできなかった。
せっかく新しいカメラと 200mm レンズを試す初イベントだったのに。

それでも、会場の中は「ここは、どこ?」と思えるほどインド社会になっていた。
だから、パチパチと失礼のないようにひかえめに撮ってきた。

あの真っ暗の中、結構頑張った。