月別アーカイブ: 2012年5月

妊娠…? Food baby


やり慣れない事をすると疲れます。でも、頑張ったぞ。

水曜日のお夕食会にトンカツディナーを作ると宣言してしまった手前、仕方なかったんですけどね。
イマイチ理想のトンカツ用の豚肉が手に入らなかったのですが、ポークロインを7切れ購入。カツどんも作りたいから、多めね。

1.肉の筋に切れ目を入れて、バシバシたたいて柔らかくし、塩コショウ。ワックス紙で包み、明日まで寝かせる。
2.パン粉は、食パンを1斤全部、大きめに挽く。
3.材料の点検。卵、小麦粉、油、ソース、キャベツ、レモン、バター、ご飯

下準備、完了。
あとはばんちゃんの家でパン粉をつけて揚げるのみ。

しっかし、高カロリーなんですよね。だから若者男の子には人気の定番。
美味しいから、年寄りの私は控えめに食べないと、大変な事になる。

先日、大ちゃんから Food baby という単語を聞いた。
直訳は、食べ物の赤ちゃん。使い方としては、

“I ate way too much, and I look like having a food baby.”

たくさん食べた後、自分のお腹を指して、妊婦のお腹みたいに膨らんでいるから、食べ物の赤ちゃんがいるみたいと言う。

本来なら一時的なものであってほしいのだが、最近は若者も含めてFood baby を常に抱えている人が多いのだ。
自慢ではないが、私もその一人。前かがみになると、お腹の贅肉が、まさにFood baby みたいで苦しい。

火曜日と木曜日は、近くの理学療法クリニックで運動をしている。
骨粗しょう症にならないように、筋トレならぬ、骨トレが本来の目的だ。
でもー、Food baby なんていらないよ~! さあさあ、Food baby 出産プロジェクト開始しなくちゃ。

P.S.
今日ね、おかしな人がクリニックに居たんですよ~。
体操をする場所でスカートを履いて足を上げたり下げたり。若いのか年寄りなのか、年齢が確定できず。
私たちのチームトレーニングのど真ん中で、かまわず寝転がって足の上げ下げ。
まあ~、男のばんちゃんなどは、当然、ちらちら見てましたわ。私も、な、なんて人?と、しっかり見てしまいました。
幸い、黒いパンツを肌色の半ずりタイツの上にはいていたようでした。
極度に細い足は、まったくセクシーでもないんでもないけど、挑発しているようにも見えて、とっても目障りで、むしろ不快。
あ、これって、女の私だけの見解に見られるかしら。(やいてませんよー)
男性はどう思うのかな。クリニックの人はどう思っていたのだろう。
テニス用のスカートでもないし、多分、普通のひざ上スカート。
まさか・・・今の流行だろうか・・・と、トレーニング中、 ずーっと考えていたんでした。

そういう事だったのね


春のうららかな気候の中、争奪戦は続く。
厳しい現実を知らされる。

鳥社会も力関係のバランスを保つのは難しい。

サクランボをめぐる死闘の戦いは、まだ続いている。

もうサクランボもあまり残っていないから、
「桜だもん春の陣 」も終わりに近い。
そして、依然として眠っている食料庫が発見される日も近い。

日々繰り広げられる壮絶なドラマの役者は3羽。
説明しましょう。

所: 桜だもん 筆者の家の前の桜並木
時: カリフォルニアの春
20120524-IMG_9467

キャスト:

ギャング、カラス

この近辺一帯を我が物顔で飛び回る。
小さい鳥いじめが得意だが、時に鷹とも競いあう。

20120524-IMG_9468

黄色い鳥、すずめ

好奇心旺盛な一般鳥市民
赤く熟れたサクランボに魅かれてやってくる。
ギャングカラスに追われて、あまり長居はできない。

20120524-IMG_9477

傍観者、ハミングバード

小さいが自慢の駿足があるので、ギャングカラスも怖くない。
時折カラスの回りを 飛び回っては苛立たせる。

ふ~ん、そういうことだったのね~。

感謝の日


20120524-IMG_9437

水曜日、
一足先にばんちゃんのお母さんから誕生日プレゼントをいただいた。

少し疲れたバラだったけど、
花瓶に生けたらとっても愛らしい雰囲気を出してくれた。

20120525-IMG_9497

20120525-IMG_9489

そして木曜日、
大ちゃんが花を抱えて来てくれた。

  このアフリカンバイオレット、可哀そうだから救ってあげようと思って。
花屋なのにぜんぜん知らない。
水遣りは気をつけなければいけないって事。

と、長い説明つき。

はは~。
私にできるかな。

ところで、これがプレゼント。
ただきれいだったから買ってきた。

演出効果を一生懸命考えてきてくれたのね。

彼は今年もFanimeコンベンションに行くために来た。
今日から月曜日まで、友達20人ぐらいと一緒にMerriatte に泊り込む。

もう、本当にこれが最後といいながら出かけて行った。

20120525-IMG_9485

昨日の朝、ベーグルで朝ごはんを作ってくれた。

お母さんより上手くなってきましたね。

朝からFBで沢山のお祝いの言葉をいただいた。どうやってお礼をしたらいいもんでしょうね~。

 やはり、誕生日は感謝の日なんでしょう。
父母に、大ちゃんに、友に、感謝です。
意味のない出会いはありません。全ての刺激の鼓動に感謝です!

昨夜はばんちゃんに炭家に連れて行ってもらった。
和食はまだノビスレベルの彼は、一品ずつ実験をするように恐る恐る食べていた。
勿論、私はぜーんぶ堪能した。炭火焼、やっぱりおいし~い!

10点満点の評価で、意外だったのが神戸牛のタタキの串焼きの上にポン酢大根おろしがのった物。
なんと彼の評価は3点。
彼の牛肉観念を100%覆すような味付けだったからかな。二度と食べなくていい品だそうだ。
私は7点。ポン酢大根おろしの味が強すぎて、せっかくの牛肉の味がちょっと飛んでしまったし、焼き加減がごまかされているようだから。

2人とも9点をあげたのが、炭家サラダ。
キャベツとミズナをマスタード、マヨネーズ、わさび(?)も入っているソースで合えてある、ごくさっぱりした品。
いつまでも沢山食べられる一品。

なんだかんだと言っても、美味しいお酒と一緒に食べると全部美味しくなる。満足。感謝~!
彼は・・・レシートを見て 悲鳴をあげていた。

鳥、まあいいじゃん


国立公園では、動物にエサをあげたりしてはいけない。
でも、普通の人が住んでいる所では、おとがめなし(だと思う。)
でも、おかしくない?
動物はどこにいたって、動物でしょ?公園の中も外も彼らには関係ない。結局同じじゃないの?
庭で鳥にエサをあげるのは、どんなもんよ~?・・・と、思っていた。
20120521-IMG_9311
でも、どうしてもパティオに鳥を呼び寄せたくなった。
勿論、写真を撮るため。

人は所詮、わがままなんですね~。
私の鳥図鑑プロジェクトが一向に進んでいないのだ。

そこで、ハミングバードの赤い蜜ジュースと、
鳥のエサを買ってきて設置した。

部屋の中には、三脚にカメラが設置してある。
20120523-IMG_9377これでいつ鳥が来ても大丈夫。

・・・と、待つこと2日間。

来ないな~。

・・・3日目。

まだ来ない。
来た形跡がない。

よく見えないから、カーテンも下ろしてしまった。
よしよし、これで準備万端。

・・・余談ですが、画質が悪い~と思ったら、
  窓ガラスがホコリだらけだったんでした。テヘッ
  はい、きれいにします・・・

20120522-IMG_9340

そんな風にして待っていた。

すると、
ガサガサとパティオの前の桜の木が大きく揺れた。

おおー、ロビン。
お目当ては、サクランボ。
今まで気づかなかったけど、確かに美味しそうに生ってますね。

なぁーんだ、エサ買わなくてもよかったんだ。
アハハ。

4日目。
・・・その後、・・・来ない。
う、う、う~。

まあ、気長に待ちましょうかねー。

5月の出会い – 時を超えて翔ける女達


20120522-IMG_9348-Edit先週の金曜日、
奥の方で眠っていた私の魂が、泣きながら喜んだ。

Kちゃんの計らいで、初めて会ったキラリ輝く女性。
金曜の夜、パロアルトのフレンチビストロで3人の魅力女子の語らい。
それはそれは、意気投合。こんなに自然にわかっちゃう。
3人3様の生き方なのに、それぞれの話しに心は和む。

彼女達は私とは違って才女。しかも、経験がその上に重なる。
だから、背伸びをする必要もない自然体。でも、芯がある。
体力の衰えはあっても、歳なんて関係ない。信じる事をする。
そんな生き方そのものが美しく、魅力的だ。

実は・・・同い年だってことがわかった。
同い年って、こんなにパワフルなの?

これからも、ずーっと大切にしていきたい友達
(なんて勝手に思ってますが・・・)
そんな出会いがあった。

ところで、今日のニュース、Falcon が飛んだ。
宇宙がまた近くなった。
どうしても記録に残しておきたい、うれしいニュースだ。

金環日食 疲れた


20120520-IMG_92934時間もかけて北にある町、Redding の Turtle Bay 公園に行った。
暑いのなんのって、まったく予期していたなかったので、日焼け止めクリームもなし。この歳で、それはきついぞ。

すでに人でいっぱい。
モダンで美しい吊り橋の上は、眺めはいいけど熱地獄だ。
写真の準備より、アイスクリーム屋さんでシャーベットを買わないことには先に進めない。
シャーベットを食べ終わり、場所の確保ができた時は、すでに太陽は少し食べられていた。

そんな暑さも、なんと、日食の後は不思議とおさまっていた。

カメラが2台欲しかった。
1台は当然日食用にフィルターを設置した。
だから、木漏れ日の影や、面白い顔が撮れなかった。
仕方がないから、若者のiTouch を無理やり借りてパチリパチリ。

iTrouch の中の写真、いつかもらえるかな・・・

すでにネットに掲載されている写真をみて、あぐー。
みんなアイディアいい。絶妙な構成。
それに引き換え私の写真は・・・準備ができてなかった。次回に期待(?)しますか。

だってね、私の200枚の写真は、ぜんぜん面白くないのよ~。しかも、月面が少し見えるとか、そんなのもない。
それでも、じ~っと眺めていたら、やっぱり何とかしたくなった。

そこで試行錯誤の末、ようやくできたのが、このビデオ。なんでこんな夜中に作っているんだぁ?
そんなつもりはなかったけど、太陽を並べるのにすっごく時間がかかっちゃったんだもん。
明日がきつい。。。 疲れた~

かべ、食べちゃおう


20120512-IMG_8985
木曜日は観葉植物マネージャのジャディラが来る日。

若い2人の女の子を引き連れてやってくる。

女の子たちが私の仕事部屋を掃除しはじめると、大抵ジャディラと哲学的雑談討論会が始まる。

今日は壁の話。
人と人との間の壁。
いやはや、いつも勉強になるんです。

どんなにきれいな壁でも、人と人との間にあると、その先に進めませんからね。
さっさと食べちゃいましょう。
食べられなかったら、あきらめて次に進もう。
あった方がいい壁もあるけど、あまり高くない方がいい。

こんなにきれいな花びらに飛び降りてきた虫。
君もこの花びら・・・食べちゃう?