月別アーカイブ: 2012年6月

灼熱の憩い – どこに?


7月後半のキャニオンランズNP は、パークレンジャーに問い合わせた結果、とんでもなく暑いことがわかってきた。
なんと平均気温は華氏107度(摂氏41度)、地面は130度(摂し54度)、日中の行動は極力避ける事と警告を受けた。
うひゃ~!

その後、さらなる調整の末、グランドキャニオンはスッポリ抜かした。
そして、 旅のハイライト、上図、EからHにかけてのアーチーズNPキャニオンランズNPに絞った。
そこでは、再び水なし、トイレなしのキャンプになる。 ウグ~。
まだキャンプ場の予約は取れていないが、ホテルの予約は完了。 やったー、チェック!

全行程、約2,500 miles 、50時間の走行距離を15日間かけて走る写真旅行。ウキウキ。
旅行は計画する所から始まり、調整に苦心するところが面白い。
あれこれと想像して準備するところが面白い。ワクワク。
持ち物準備にパッキング。面倒くさいけど、未知の世界が待っていると思えば我慢できるよねー。 ・・・これは、微妙。

ネットの写真は勿論たくさん見た。
でも、実際の景色は、匂いは、肌で感じる世界はぜんぜん違う。
私の感性をビンビンに働かせて、繊細さと大胆さをバランスよくとって、パチリ。
再びお肌バキバキになって帰ってくることになるけど、今しかできない事だから、行ってくるぞ~。

灼熱の中に、きっと憩いを見つけ出せると思ってるよ。そんな経験を一枚のイメージに収められたらいいな。

自然歩道の行方


20120623-IMG_0789

土曜日の朝、hwy85の上にかかる橋の開通式に行ってみた。

http://mv-voice.com/news/show_story.php?id=5773

20120623-IMG_0870

この橋は Stevens Creek Trail という自然歩道計画の中にあるもので、85号線を渡るための橋。

これで、自転車や散歩をする人達が、ハイウェイを越えて更に南に伸びた道を、安全に楽しめるようになった。

宣伝はされていなかったものの、私達みたいな暇つぶしの人たちと、たまたま居合わせた人、工事関係者、などなどで、それなりのお祭り。
20120623-IMG_0724-Edit
バンドがでたり、食べ物や飲み物が無料で配られて、よかったねーと話が結ばれた。

この自然歩道は4つの町にまたがっているため、それぞれの町の事情などから、なかなか進まない。
もう、あれこれ20年も前に発案されたそうだ。まあ~、あと20年ぐらいしたら貫通しているかな?

私の町、Cupertino でも部分的に0.7マイルほど出来上がっている。
この開通式の後、物好きにも見に行って、歩いてみたりもした。
すごいね、と言われるかもしれませんが、当然、私一人では絶対そんなことしませんよ。 はい。

PS テスト


威力ありますね。
うまくいかない部分はいくつかありますが、時間さえかければ、私でも使えるようになったことがわかりました。

まず、パーティーの帽子を除去。

Quick Selection ツールでおおよその輪郭を選択して、輪郭の修正をして、Content-Aware を使う。一回ではうまくできないから、何回も使った。

マニュアルを読めば、きっと、もっといい方法があるにちがいない。
今は適当に、しゃかしゃかしゃかと、

なんとか取り除くことができた。
髪の毛もちょっと修正。

微妙に変だけど、こんなにクロースアップしなければ、だいたいよい。

 次は顔と首の整形。

Spot Healing ツールで、主に皺とシミを除去した。

ひょいひょいひょいと、
多分、わずか数十秒の作業。

あっという間に、20-30歳の若返り。

不自然に、過剰にならないように気配りしただけで、こんなに仕上がりがきれいにできた。

Adobe CS6になってから、威力の差を感じますね。
言うまでもなく、
Lightroom 4も見違えるようにパワーアップしている。
LRからPSへの編集移行もスムーズ。
Adobe 社員でもなく、リベートもらっているわけでもないけど、
断然お勧め。

紙とペンで旅プラン


7月に2週間ほど休みを取る。
そこで昨日、プランニング開始。

最近はGoogle Mapばかり使っているけど、こういう時には紙がいい。
実際の距離感覚を大雑把に掴むのに向いている。
大きな地図を前に、行きたい所を指差して確認していく。

旅程プランニングは、すでに旅の一部。だから楽しい。
二人以上の場合は、意見が分かれて険悪ムードになるところでもある。
そこで大きな紙に、まず日にちを書いて、Where とWhatを思いつくままに書いたり、線で消したりしていく。
すると、自然にアイディアが固まっていくようですな。
昨日は、運よく 使い古しの包装紙がゴミ箱に処分されることもなく散らばっていたので、その裏を使って、パラパラ、ぐしゃぐしゃ、ブレインストーミング。
2 時間後には、ばんちゃんともけんかすることなく、無事完了。

大きな紙マップと大きな紙。そしてペン。
ローテク。。。でも、私たちにはこれが一番効率的なようですね。

行き先は、

ただ、7月後半で非常に暑いことを考えると、キャニオンランドでのキャンプは十分な警戒が必要だ。
でも、雄大な自然に出会えること、間違い無しだ。
できたらプラン3が断然いい。私のFlickr ページにもたくさん写真を集めてみた。こんな写真が撮れたら涙を流して喜んじゃうよぅ。

さあ、これからが本番。
地理や気候調査、予約などなど、ハイテクでハイピッチにいきますよ~。

パティシエへの道は遠かった


この4日間で4回ケーキを焼き、4皿とも大失敗の巻。

ふっくらと、上品に甘くて、しっとりしているケーキが作りたかった。
でも、付け焼きではできないのだ。
パティシェ職人の業は、エベレストの山頂より高かった。

私のレベルがあまりにも低くすぎ・・・という声も聞こえてきたり。

一皿め。Martha Stuart の大人気と言われるレシピ。それが水曜日用で失敗。先回書いた。
20120616-IMG_0699
二皿め。紹介してもらったレシピに挑戦。
これならバッチリだよね・・・と、思ったが・・・
そもそもコーンスターチという項目に・・・もしや片栗粉?
いやいや、違う。
ベーキングパウダーの間違いじゃないの?
なんて勝手に解釈しなおして焼いてみたら、まず失敗。

ペタンコのケーキを型抜きして二層に切った。

 
20120616-IMG_0703
三皿め。その痛手に緊急電話で友人に聞いてみる。
「コーンスターチを知らない人がいるなんて、信じられない・・・」
と、あきれられながら、片栗粉で代用、もしくは必要なしとここと。
よし、これが最後の挑戦だー!
それで、片栗粉使用。
ついでにココアパウダーで色付けちゃおうかなー。
それが原因なのか。また失敗。

 三層に切るところを、なんとか二層に切った。

20120616-IMG_0680

その間、材料だけはケーキ屋さんのよう。
バターや生クリーム、卵、チョコレート、ケーキの粉、砂糖がどんどん消費されたよ。
Safewayに3回も通ったし。

ちなみにWholefoods はダメ。
自然食品ばかりで何で代用したらいいかわからないから。
20120616-IMG_0681

四皿め。最後の砦、Pineapple Upside-down cake 、だめもとで開始。
NECの友人のお勧め。毎年焼く簡単ケーキとのこと。

最初にキャラメルソースを作り、ケーキ皿に入れてパイナップルを並べた。
反対側のカウンターでケーキをせっせと混ぜ合わせること20分。
できた!と振り返ると、キャラメルソースが皿からドロドロ~と流れ出していた。

もう、半泣き。中にはまだそれなりの量のソースが入っていたから、ベトベトのカウンターから皿を救い上げ、オーブンに入れた。
焼き始めれば、大丈夫だよね。
と、自分でも信じられない確信を無理やり押し付けて、約一時間。

オーブンの中でもソースがタラタラと流れ出でて、それはそれは、あまり使わないオーブンはプロ職人のオーブンの様に汚れて格好が付きましたワ。
教訓・・・底が取れるケーキ皿は使ってはいけないのだ。
20120616-IMG_0702

さて、話しを戻して、フロスティングはケーキにはなくてはならないもの。
どうもばんちゃんも含め、アメリカ人はカスタードより、ホイップクリームより、ダントツでフロスティングが好きらしい。
しかもチョコレート。
だから、私の試行錯誤たるや、涙ぐましいものがあった。
結局は全部失敗。
20120616-IMG_0709

でもね、なんとかまとめて3種ケーキを持っていったんですよ。
みんなのコメントは私と同じ。ケーキパサパサ。
でも、Pineapple Upside-down はチーズケーキのようにおいしい。
そうなのです。
私のキッチンを派手に汚してくれたこのケーキは、しっとりと美味だった。
ただ、あそこでキャラメルソースが半分以上なくなっていたことを考えると、
そうじゃなかったら、どうなっていたのか・・・と疑問が残る。

ま、パイナップルがきらいなばんちゃんも美味しいといって食べたのだから、
もう一度挑戦してみる価値ありか・・・一年後に・・・ね。

甘すぎは、食べられないのだ


 
20120613-IMG_0654

トータル10時間ぐらいかけて焼いたケーキなのに・・・失敗。

どうしてかなー。

まず、このフロスティングが固まってくれなかった。

20120613-IMG_0678

だから、一生懸命ケーキの周りを固めようとしても流れてしまって、ドロドロ。

仕方がないから冷凍庫に入れたりして奮闘しても、結局だめだった。

そうこうしているうちに、ケーキはパサパサになっていたみたい。

20120613-IMG_0667 このカップケーキも、モンブラン状にしたかったのに、
ペットリ平らになっちゃったよ。

もう~、どうしよう~

レシピどうりにしたつもりなのに、10時間もかけたのに、
どこがいけなかったんだ~?

予行演習のケーキ。
「Safewayのケーキよりおいしい」というコメント。
そりゃー、うれしくない評価ですよね。

本番は土曜日。
今日、さおりちゃんとNECの人に助言をもらってきた。
明日、また練習してみるか、土曜日に本番で勝負するか。

フロスティング甘すぎ。 私の見込みもすご~く甘かった。食べられないよ~。ひゆぇ~

カード


20120605-IMG_0295-Edit
ばんちゃんにあげる誕生日カードが完成した。

過去に撮った写真を編集して作った。
50 歳の誕生日にマッチして、
50 羽の鳥からのお祝い入り。
だから6 ページ綴りになった。
しかも、最後のページは拡張版。
心を籠めてじっくり時間をかけて作った。

見れば見るほど会心作。

悦!

ほれた。

時間をかけた分、愛着がある。
あげたくないよ~。
20120605-IMG_0296-Edit

そこで、記録写真を思いついた。
(写真を写真で記録・・・?)

過去2回の会心作は、大ちゃんにあげた。
でも、記録に残さなかったから、もうボヤッとした記憶しかない。
後悔はなはだしい。

よし、完了。
喜ぶこと間違いなし。

いや~私、かなりセンスある。
ふぅわっはっはぁ。

再び自画自賛の世界に入るのだった。

20120613-IMG_0639

仕上げはケーキ。
でも、5時間後の今もまだ完成してない。疲れた。
2段重ねでチョコレートのフロスティングをして、
出来上がったら Moist Devil’s Food Cake という名がつく。

明日、フロスティングを作るところから開始。
3時間もあればできるらしい。
ということはー、なんとかなりそう。
よかった~!
初挑戦だったからドキドキだったのね。