月別アーカイブ: 2012年7月

明日だったよね?ジタバタ・・・


もう~、ぜんぜん準備できてない。
なぜか現実味がなくて、明日の朝(正確には今日)、旅に出るというのに、選択もしてなくて、もちろんパッキングも半分できたのかなって感じ。

Google マップで遊んでた。どうでもいい事なのにね。
とても便利なのだけど、今回はてこずった末、あきらめ。
どんなにもがいても、きちんとルート表示してくれない。
なぜかな~、なぜかな~と試行錯誤の結果、ようやく解明した。
私たちが行くルートはGoogleマップには載っていない。3つのピンポイントも緯度と経度で決めた。
それでね、道も描き足してみたの。そんな機能があったのを発見しちゃったのね。
でもね、だめだった。うん、うん、そこまで賢くなかったのね。
仕方がないので、この3地点は抜かして完成にこぎつけたよ。
こんなことしてたから3-4 時間が軽く流れ、もう・・・午前1時だ。。。ぅうゎわぁあ~ ジタバタジタバタ・・・

これから少し、仕事します。そしてパッキング。眠れるかどうかわかりません。
明日、疲れきって旅に出ます。このブログも、たぶん2週間お休みです。それではね。

今日のドラマ



朝から騒々しいったりゃありゃしない。

食料保管庫をめぐって、この三羽の繰り広げる争奪戦ドラマは、私のちっちゃなパティオを戦場と化した。

激しい戦いは、緊張感みなぎって、さながら相撲のよう。
一瞬の衝突、せめぎあいの後、陣地取り成立となる。

では、人物紹介から。

 この二羽は普通のHouse Finch。よく見かけるすずめ夫婦。
日本語ではメキシコマシコと呼ばれるらしい。

右がダンナで左が奥様。ナイスショットでしょ~。

 ポールとナンシーと命名した。

性格は、いたって穏やかだが、保管庫をめぐっては、決して譲らない強さを持つ。

黒い頭のJunko。日本語ではヒメドリと言われる。

ケントと名づけた。

すずめ夫婦よりずっと小さいのだが、テリトリ意識があり、ちょっと意地悪。
喧嘩をふっかけるのも、いつもケントから。

これからが楽しみなパティオになった。
さて・・・と思いをめぐらしていたら、今週末からの旅があることに気がついた。
どうしようかな・・・

それはともかく、窓越しに撮っているため、ショットの質、最悪。
二重窓でしかも断熱と太陽光を少し遮断するフィルムが張られている。まいったね。
旅から帰ってきたら、窓ガラスの交換を検討しよう。

パティオ警戒態勢


この散乱はどうしたこと?

鳥たちが、ついに食糧貯蔵庫を発見。
猛攻撃をかけてきた。
私は狂喜してパチパチと写真を撮り始めたんだけど、
彼らはすっごく早い。
そして、パティオはまだすごく暗い。

ISOを500ぐらいに上げてもスピードは100いくかどうか。F値は4.2にぐらいにはしておかないと、フォーカスしきれない。
結果、ボケ、スカ。

しゃーない。掃除でもするか・・・
あーあとため息をつきつつ、パティオのドアを開けた。
するとと、サーっと鳥たちが舞い散った。
うっひゃ、以外にたくさん集まってたのね。

それにしても・・・
この散乱はどうしたこと?
1日家を空けただけで、この通り。

昨日はPG&EのSmart Day だったので、
夜遅くまで外にいた。
一日前に連絡が来ることになってる。
あ、そういえば、今日もSmart Day だった。
出かける準備しなくちゃん。

パティオに話題を戻して・・・
警戒態勢を引かねばならんぞ。
もっときれいに食べてくれないかなー。

七夕ダイブならず


ついてない。やっぱりキャンセルになった。

これで2回目。
前回、早朝の熱気球に乗るためにNappaに出かけたが、ホテルに朝電話が入ってキャンセル。
天候に左右されるアクティビティーには、どうも見放されがちだ。

つい、拍子抜けしてリビングルームでボ~ッとしてた。
そうしたらね、ずっとずっと待ってた鳥達が、パティオに来たんだよ。
黒い頭のすずめが、私の1.5mぐらい前で種をせわしく食べてた。
ボーッとしすぎていて、はじめぜんぜん気がつかなかったのね。
だからカメラの準備できなかったよ。
こうしてチャンスは忘れた頃にやってきた。
そして私は、一枚も撮れなかった・・・

いやはや、こんなもんですかね。でも、これでいい。
食料庫のありかを突き止めた鳥達は、また絶対やって来るから。

七夕ダイブならずとも、鳥達の突然の訪問に癒されたにゃー。
うん、諦めないよ。
旅行から帰ってきたらきっと、また挑戦するよ。
一緒に飛ぼうねー。

飛べるのかな?


明日、スカイダイビングをする。
長年したいと思いつつできなかったが、ついにその時が来た!
何を着て、何を食べて、何時までに飛行場に着いて、などなど、
メンタルに準備している。
ここ、Skydive Hollister  に朝7時45分。
よし、行くぞ~!

・・・で、ついさっき友人から・・・

「天候の関係で飛べなくなるかもしれないって。 でも、まだわからないみたい。
問い合わせるから、まっててね~。 」

 こ、これは予想外。
今晩は半殺し状態で眠る事になるのかな。
私、鳥になれる?
飛べる?  飛べない?

夜空に咲いた花


7月4日はアメリカ独立記念日。今年は何処にも行かずに、なんと・・・料理をした!!!

すごくおいしいと、お褒めのお言葉をいただいて、つくづく思った。料理は心を籠めて大切な人に食べてもらうために作るもの。
・・・疲れた。満足。これで、当分料理はしない・・・? テヘッ

20120704-IMG_1030

9時半から花火大会。ばんちゃんたちと歩いていった。
夜なのに人だらけ。さすがに記念日。

花火の写真を撮るために、カメラも担いでいったぞ。
重いでしょう?なんて気遣いは、誰もしてくれなかった。
いいの、いいの。

日本の花火みたいにすごくない。
でも、やっぱり夜空にパッ映し出される光のドラマに
「わ~!」
「あ、これきれい」
「これ、イマイチ」
などなど、つい見入ってしまう。

花火の写真は難しい。試行錯誤しているうちに、終わっちゃった。
こちら、flickr の花火の写真。

午前零時の太陽


どこの国でも同じかもしれないね。でも、アメリカは今岐路にたっているよう。
そして、世界の情勢は不透明な渦を巻いているぞ。
いろいろな事がぐちゃぐちゃで、いろんな問題が出てきているんだけど、一つ、誰もが指摘できることは、多民族国家である事が、いい事にも悪い事にも影響しているって事。

違う文化を持った人が集まるから、約束事を明示化しなければいけないのね。で、ルールがたくさんできる。
ルールで秩序を保とうと試みるわけ。気持ちはわかる。
でもね、そうすると そのルールから派生して、また新たなルールも作らないといけなくなる。
そうこうしているうちに、巨大なルールブックが出来上がる。
すると、ルール係り以外の庶民は、ルールを守るどころか理解不能となり、結局無視することになる。

あ~、税金申告の時のあの分厚い冊子。私は脳みそがとろけてるから、最初からお手上げ。
でも、ルール係りはすごいのだ。巧みに裏道を探したりして、挙句、密かに攻略法を考え出す。
ルールは破られるものなんだ。


医療保険制度ね~。
なんだか詭弁の言い争いみたいに見える。
最高裁判所の判決は、合憲だってさ。
保険制度もいいとして、新たな21の税金課税もいいとして、
経済崩壊寸前もいいとして・・・ウグ~
もっと怖い事、三権分立は守られているかって事じゃないかな。
行政が勝手に独り歩きし始めるとどうなるか。。。
歴史はどう諭してくれているか。

ブルガリアでは晴天だって。
真夜中を過ぎたカリフォルニアからは見えない太陽が輝いている。
仕事でブルガリアの人と話す予定が入っていた。

あのさー、太陽は太陽のはずだよね。
違う土地から見たら違うように見えるのかな。
違う文化を持っていたら、太陽の輝きは違うのかな。