月別アーカイブ: 2012年8月

座布団一枚


RNC終了。

この三日間、極力ニュースメディアのコメントを聞かないでスピーカーの話に耳を傾けた。
そして、自問する。
共和党の言いたいことを理解できたか・・・ おおむね

さまざまな争点はあるが、一番大きなことは・・・

  • 熱狂的な人気で当選して進んできたオバマ政権だったが、4年前と比べて、彼が公約したことが実現しているか、生活は豊かになってきたのか、アメリカの可能性、夢を追い求めることのできる機会は広がっているのか?
  • 前ブッシュ政権がもたらした問題だからというのが口実だが、もう4年も経とうとしているのに、良くなるどころか、史上最悪となっている。
  • 莫大な負債を抱えて、私たちの子供や子孫に負債以外、何を与えられるのだろうか。
  • この国は国民のものであり、 政府のものではない。政府は国民が夢をかなえられるよう、助けるためにある。
  • 中小企業は特に厳しい規制のもと、事業拡張ができない。自分の夢を求めて起業することも難しくなってきている。無限の可能性と夢、それこそがアメリカの核心ではなかったか。

共和党の論点には、すべて共感できちゃうんだけど。
実際、数字を見るまでもなく、事態は深刻だ。大ちゃんのような若者には、仕事がない。
稼ぎ時の若者、病気なんてしない若者が生活保護なんかで生活しているなんておかしい。
たくさん働いてもらわなくちゃ、医療制度だってすぐだめになっちゃうよ。

サプライズゲストのクリントイーストウッドは、「政治家は私たちに雇われてるだけなんだから、仕事ができなかったら、さっさと出て行ってもらうしかないでしょ。」 と、一喝。

彼のこの言葉はとってもすがすがしい。それでいいんじゃない?会社と同じ。
仕事ができなかったら、クビになる。たとえすごくいい人でも、できなかったらしょうがない。
自分ひとりの生活じゃなく、アメリカ国民の生活がかかってるんだから。
それどころか、最近では世界の動きがあやしい。日本なんか、中国と韓国に押されて大丈夫かな。

どちらかというと、地味な感じのする集会だった。
なんだか、無骨なオヤジ風な匂いのする印象。そう、日本のがんこオヤジのような、雰囲気。
そうだ。ロムニーはアメリカ版がんこオヤジなんだ。
だからかっこよくないんだけど、頼りになる・・・って感じかな。

さて、来週は民主党大会。
そうそう、民主党大会のイメージがあるから共和党大会が地味に見えたのかな。
どんな巻き返しを見せるのか、こっちも頑張って観察させてもらいましょう。

RNC中継


ハリケーンIssac の動向が気になる中、1日延期でスタートした共和党の全国大会のテレビ中継を見た。
初めての体験。
30年もこの国に住んでいながら一度も見たことがなかった理由は、アメリカ国民ではない事が大きく影響している。
でも、さすがに最近のアメリカ経済や行政の崩壊(に近い)のニュースを見ていると、最悪、この国を出て行くことも考えなければいけないわけで、他人事では済まされなくなってきている。

共和党の全国大会を見たからって、全部を把握できるわけではない。
でも、アメリカ2大政党の半分の方向性を垣間見ることはできる。
最近のニュースメディアの偏りは、あまりにもひどすぎないかな。
民主党のPR、おばあちゃんを崖から突き落としちゃう映像は、許容範囲を逸脱している。

真実の報道、中立を保てる報道機関は、勿論、存在し得ない。彼らも商売ですから。
だったら、報道の正当性を自分自身で自分のために積極的に判断するしかない。
隣の人の正当性が違っても、ぜんぜん不思議ではないし、そうであってほしい。

・・とか偉そうなこと言ってるけど、本当はたまたまテレビを付けていただけなんですけどね。テヘッ。
テレビの接続にまだ手間取っているんですよ。トホホ・・・

今晩、明日と続く大会の初日、共和党として正式にミットロムニーを選出する。延々と続く各州の代表の票の報告、集計。異議ありかなしかの確認。当然、すでにわかっていることだけど、儀式として行うことの意義、わかったような気がした。
そして、その後が本番、代表たちのスピーチとなる。これがねー、うまいんですよ。
紅白歌合戦と比べてはいけませんが、当然最後に大物の登場となって初日を終えたわけです。
 スピーカーの選定と順位はムードを盛り上げていく上でのカギですからね。

いや~、最初っから泣いちゃったんですよ。政治がどうの、主義がどうのという前の、人の頑張る姿には感動せざるをえないじゃないですか。
ロムニーの奥さん、アンのスピーチもあっぱれでした。当然何回も練習したでしょう。でも、練習したからってできる事とできない事がありますからね。
一人一人の生の生活の歴史を基に、なぜ今、彼らはそこにいるのか。何が必要で、何をしていきたいのか。ビシビシとしっかり伝わってきました。
スピーチを学校で勉強する国ですから、この辺はさすがです。

民主党一色のカリフォルニアで共和党を褒めるとどんなことになるのか、まだわかりませんが、すばらしい大会一日目でしたぞ。
少なくとも、そもそもなぜ私がアメリカに来たのかを思い出させてくれました。
今晩、明日とまだ続くので、いろいろ書きたいけど、保留にしておきましょう。

これで民主党の党大会観戦も楽しみになってきたというものです。どちらに軍配があがるか。決めるのは私。
選挙権のない私が騒いだところでどうなるわけでもないので、その意味、無害ですね。
いやいや、個人レベルでは投資の方向性を決める上で非常に重要です。銀行口座だってFDICに加入しているからって、100%元手が保証されてるなんて考えてはいけない時代ですから、今後の動きは重要です。

70% 成功!


20120825-IMG_6396
ケーキは自分の家のオーブンで焼くに限ります。
それぞれ、オーブンに癖があるようで、
それを知らないと大変なことになるんだと思います。
しかも、ばんちゃんの家のオーブンときたら、
40年ぐらい前のオーブンで、350度に設定しても400度だったり。

そんな危険な中、Kちゃん先生の忠告を思い出したんです。
オーブンの設定に頼るのではなく、温度計も中に入れて焼くこと。
今回は、まさにこの温度計に救われました。

最初の15分は400度に上がっていたのに気づかず、真っ青。。。!

20120825-IMG_6399でも、その後は、用心しつつ、5分ごとにチェックして、なんとか40分を乗り切りました。

結果、一つはパサパサ、でも、もう一つはなんとか食べられるものができました。

せっかく2枚焼けたので、デコレーションをちょっと変えてみました。
ホイップクリームが足りなくて、あまりきれいにカバーできなかったけど、まあまあでしょうか。

パサパサのケーキをさっそく食べました。
オレンジとレモンの味が微妙によくて、結構満足。

もう一枚は、タイミングよく、ピクニックに招待されたので、そちらへ。

結構、「かわいらしいデコ」になったと思うんですが、
いかがでしょう。

「ケーキがかわいいかどうかって、ちょっとありえない質問じゃない?」
と、ばんちゃん。
「白と赤の色の組み合わせは断然かわいいよ。子供や女の子はそれだからイチゴケーキがすきなんだよ。」

味本位の人には、わかってもらえなかったようです。

折り紙文化


これは、何でしょう。何に使われるのでしょう。そして、これには何という名前がついているのでしょうか。

c4 (1)

よく見ると、 ExpandOS そしてリサイクリングのマークがついているのが見えます。
もう一つには、sfi Certified Fiber Sourcing とあります。

そこで検索。
sfi とはSustainable Forestry Initiative。ふーん、そこで認可された物ってことね。
そして、名前はどうやらExpandOSというらしいです。でも、なんのこっちゃってとこですよね。
Paper Pyramid でサーチすると出てきます。今まで梱包に使われていたピーナッツと呼ばれているスタイロフォームの代わりに使われだしたんですね。
テレビの梱包された箱の中には、これが何千、いえ、何万と入ってました。はじめて見るモノにちょっと感激したんでした。

sfi に関してはちょっと横においておいて、この形、折り方、計算されています。
平らな紙に耐えられる限界まで穴を開けて軽くして、三つに折って、クニュッと小さなタブを折り曲げてあるだけ。
これでとても頑丈になるんですね。頭を使えばいろいろなユニークな物が生まれます。こういうのを見るとアドレナリンレベルが上がります。

c1
c2
c4 (2)
そこで思い出したのが、日本で当たり前に使われている、ドリップ式のインスタントコーヒー。

実際に挽かれたコーヒーが中に入っているので、インスタントとも言えないのですが、便利な代物。

こんな風に、いっぱい分がパックになっていて、
これもノリが使われているわけでもないけど、しっかり封されてます。

それを開けますと、こんな感じ。

左右の爪の部分を折り込むんですね。

なぜか。

当然、開け口を最大限にして、お湯をコーヒーフィルターに通すためです。

両方の爪を折り曲げると、こんな感じ。

初めて出会ったのは、今年5月ごろ。
キャンプ中に美味しいコーヒーをどうしたら飲めるのか、模索中でした。

改良を重ね、改善がなされ、高度な製品に仕上げるのは、やはり日本人の得意技ですね。

日本の誇る折り紙。
それを受け継いで、こんな風に使われるのを見て、感激せずにいられません。

こんなの序の口のはず。
折り紙文化の偉大な発明も見つけたらメモっておきましょう。

あきらめないケーキ作り


Labor Day という、まあ「勤労感謝の日」みたいな祝日がやってきます。
ぜんぜん特別は日じゃなかったんですが、ばんちゃんが会社の同僚家族を招待したいということで、ムフ、ムフ、ムファー。
私が料理をすることになったのでした。勇気ある行動に、拍手。パチパチパチ!

メインは極めつけ、ロシアンチキン。超簡単で美味しい。後は適当にサイドを考えます。8人分ね。

しかし、本命はザートです。
度重なる失敗に、「またケーキ焼くよー!」と言ったら、全員に反対されてしまいました。

そこは当然、激励と受け止めて、断然焼くことにしました。
今回はイチゴケーキにしてみようと思います。
選んだレシピはこれ。Strawberry Country Cake

 偉大なパティシエはあきらめないのだ!

さて、本番の前に練習しなくてはいけませんねー。
今週末、時間あるでしょうか。
そうだ、Kちゃん先生に注意点などお伺いしておきましょう。
美味しくできたら、今度の女子会用にも焼こうと思っているのでした。

Wireless TV 接続レポート


まだできてません。予想はしていたんですが、どう頑張ってもできません。
以下が今現在のレポート。

出来た事: 

  • テレビを箱から出した。
  • テレビのWiFi インターネット接続成功。
  • テレビでYahooとかFlickrの自分のアカウントにアクセス成功。

出来ていない事:

  • LRのテレビと接続できない。
  • テレビがまったく見られない。

これからする事:

  • Universal all in one リモートの設定。

インターネットアクセスは非常にスムーズにできてうれしい。
ただ、残念なのは、Sonyが用意しているアプリしか使えないこと。
普通のブラウザは使えない。
まだマニュアルを読んでいないので100%確かではないが、多分ね。
期待とはずれているけど、まーいいか。

テレビとの接続は、 昨夜もずーっと頑張ったけど、まったく反応なし。
いろいろな要因があると思う。
一つの可能性としては、リビングルームの壁一面の鏡が邪魔しているのではないかということ。
ラップトップでもワイアレスだと、ラウターとの直線上、プラスマイナス1メートル以内に鏡があると、ネットアクセスが中断される。
そこから動くと、またつながることが確認されている。
だから、それが原因かも。
でも、LRのテレビを動かしたり、壁一面の鏡を取り外すことは不可。

当然、私の接続の仕方が間違っている可能性はある。
でも、ちょっと疲れちゃったよ。
今週末も頑張ってみてだめだったら、あきらめようかな。
Comcast に来てもらうか、AT&Tのワイアレスという選択もあり。
でも、テレビ使用料の他に、ワイアレスを使うだけで月々7ドルも払うのって、馬鹿らしい。
私が夢描いていたほど、簡単じゃなかったよ。ウグ~。

予想を超えて大きかった


テレビが配達されたんですが・・・
大きくて、動かすこともできず、玄関の前に鎮座してます。

THIS END UP
なんて表示も無視されて配達されたので、それだけでも直したい。
でも、無理。

中身は当然もっと小さいはずだから、箱から出せればいいわけだ。
解決策のオプションとしては・・

  1. 助っ人を頼む。
  2. 箱を解体する。
  3. 頑張って横から引き出す。

箱の向きが反対ってのが気になりますが、3番目を試してみてもいい。 スルスルっと出てきたらなんとかなるんじゃないかな。