月別アーカイブ: 2012年9月

復帰


長かった~。
Click away というコンピュータ修理屋さんに先週の金曜日に持っていってから、驚愕の一週間が過ぎた!
診断が出るまで3日、その後の修理、そしてアプリのインストール。なんとか終了。

グラフィックカードが壊れているかもとか、OSが壊れたとか、電話確認するたびにいろんな答えが返ってきて、イマイチ疑いながら話をしていた。
私のツールでは100時間かかるというデータがあったから、時間がかかるのは予想できた。
結局、OS入れ替えと、HDの追加で落ち着いたが、電話の向こうの親父に騙されないぞと構えていた。

ついに終了の電話があり、取りに行ったら、担当の親父は、大ちゃんとあまり年が離れていないような風貌のJustin君。しかも、Murphy なんて名前の3ヶ月のコッカースパニエルを引き連れての、子連れ青年だった。

いや~、あの親父声。ここまでイメージと違ったんだ。帰るときも親切に車のトランクにちゃんと入れてくれて、なんか、やけに好青年。

話が長くなるから、全部すっ飛ばして・・・疲れた。復帰できた。
一週間は長かった。
その間、いろいろな事がありすぎたんだから!!!

Windows 7 Build 7601


“Windows 7 Build 7601 This copy of Windows is not genuine”

2日前ぐらいからパーフォーマンスが100分の1ぐらい落ちたので、どうしたんだろうと、いろいろ試してみたがわからず。
でも、突然上記のマークがデスクトップの右下あたりに出ているのを発見。

焦って会社のラップトップで検索。
どうやらSP1を入れると入ってくるみたい。そんな~!!!
それを取り除く方法も書かれているけど、う~ん、イマイチ怖い。
だって、私のマシンには大切なものが入りすぎている。しかもバックアップなしに・・・

特に、大量の写真と、iTune musicと、ディジタル化した書類。

何~、いまさら?

そうなのねー。
Geek Squad とか、それ系のサービスは、まだ一度も使ったことがないけど、ついにお世話になる時が来たかしら。
あ、このブログ?会社のラップトップで書いてます。
私用には使いたくないし、使えるアプリも入ってないし、デスクトップじゃないとだめなの。生きていけないの!!!

こんな時、クラウドサービスの可能性を考えちゃいますよね。
私の必要なアプリを全部クラウドイメージに詰め込んで、どこかのクラウドサーバーにアップしておけばいいんだから。
ほんと、そうしたら、もうデスクトップもいらなし、どこからでも写真の編集とかできるようになる。

さてさて、現実に戻って・・・どうしよう・・・面倒くさい・・・
とりあえず、大切なファイルをHDにコピーしますかね。何時間かかるんだろう。2-3日でコピーしきれるかしら。
何しろ、ファイルマネージャーのフォルダをクリックしても、2分ぐらい待たないと真っ白状態から回復してくれないんだから。
あ、そうだ、Safe Mode で作業できるかしら。それなら早いかも。試してみるか。
いやいや、まるごとGeek Squad にお願いしたほうがいいかな。。。と、独り言が続く。。。

この期にOSの入れ替えはいいことね。アプリも入れなおして、環境を再構築することを考えると、病気になりそう。
今週末は消えるとして、多分来週いっぱいかかるかも。そうだ、とりあえずWin 7 OS のCD探さなくちゃ。

そして、皆様、お気おつけあれ! 災いは忘れた頃にやって来る。

踏み絵のいけない理由


ブログサーフィンはあまりしないけど、今日、このブログに出会ったよ。相手の心を試しているうちは、その人を愛せないよ。

いや~、そうそう、同感。シロクマさん、うまいね~!
漠然とした思考が具体化されて、納得できて、
とっても爽快。
消化不良、もしくは、便秘ぎみだったのが、スパーンと解決できた時のようなすっきり感。

知らないうちに、陥りがちな罠。
私のこと、どう思う~? 
なんて言っているようでは、まだまだねー。

やっぱりこれしなかない。
すべてを受け入れて、信じた後の向こう側にこそ、
今まで見えなかった世界が突然大きく広がってくる。
それこそが人間のできうる最高にすばらしいこと。

それを人は 「愛」 と呼ぶ。
目に見えないけれど確実に、そこに・・・在る。
そんなものを撮りたい。

うわ~、大胆。
でも、カメラを最初に手にした時から、
 これがテーマだったよね。

どうしたら撮れるのか。
まずは、見えないものが見えるようになること。
要するに、人として成長するって事ね。
あれから少しはマシになってきたかしら。

そうね、ばんちゃんには絶対踏み絵なんて踏ませない。
家族や友にに自分がどう受け入れられているかじゃなく、ただ彼らを受け入れよう。

受け入れることって、自分を無にして彼らの世界に入っていくってことなのかな。
先入観とか、自分の価値基準とか、全部取り去って、
彼らのストーリーを聞く。
できたら経験も共有してみよう。

訓練を要しますね~。
人だけじゃなく、動物も、自然も全部受け入れたーい。

きっと、そこから始まる。 私の写真。

ポカした後のリカバリー


20120916-IMG_6542

女子会、再び癒しの楽しい午後の一時。

今回はケサディーヤランチ。

またしてもKちゃんお師匠様に簡単、でも、きっと多くの人に受けると思われる一品を紹介してもらいました。

チキン、ツナ、そして桃の3バージョンの紹介。

基本的に、何を入れてもよさそうです。
とりあえずチーズが接着剤の作用をしてくれるので、水っぽくないものであればうまくいきそうです。

20120916-IMG_6545

とりわけ桃とゴートチーズが入ったバージョンは、さっぱりしていて何枚でも食べられそう。

ペロペロペロンと食べてしまいました。

さっそくばんちゃんに報告。
今週水曜日のお夕食会に作ります宣言をしてしまいました。

20120916-IMG_6552-Edit

そして、私のチョコレートロールケーキの登場ですが・・・

K&グミ先生の監督指導の下、スポンジケーキは、みごとふんわり焼けました。
やった~!パチパチパチ!

さーさ、お食事も終わったことだし、デーザートね~。
と、意気揚々ホイップクリームを作ろうとしたらー、ないんです。
冷蔵庫の中に生クリームが!!!

またもや成功を目の前にしてポカリ。

泣きそうな私を前に、さすがKちゃん。
まったく動じません。
20120916-IMG_6557「サワークリームとラズベリージャムを混ぜてみたら?」

味見、味見、結構いい味じゃん~
そんなふうに感心していると、

「バナナを入れてみるとかってあり? 」

と、グミちゃんからの提案。

クリームが入らなかった分、ずいぶん小さめのロールケーキとなってしまったのですが、バナナが入ったおかげで、ちょっと形がつきました。
それどころか、華麗なる変身をとげて、見かけ和菓子風。

お味のほどは・・・まあまあ。
いいんです。
ここまでできたら、リカバリー作戦、大成功!
3人寄れば何チャラね~と、楽しい失敗となったのでした。

その後、私たちはお化粧大作戦、
ポートレート写真モデル志願大作戦の巻に移り、
うひゃうひゃの午後を過ごしたのですが、
あんなに楽しいこと、もったいなくて今は書けません。
次回のお楽しみ・・・ね!

ロールケーキはいかが?


さて、巷ではあまりいいニュースが流れていませんが・・・私は今週末の女子会に向けて猛ダッシュ。
またもやケーキ作りに挑戦するのです。それが、レシピを見て驚き。

小麦粉は。。。無し。  ほほ~。
バターも使われてませんよ。  え~っ!
それじゃあ、何が入ってんねん?
卵、チョコレート、砂糖、Cream of Tartar、そして勿論欠かせないVanilla extract。

 こんなんでできるのかなー。書き忘れてましたが、チョコレートスポンジケーキを選んでみました。

ロールケーキなので中にはラズベリークリームを入れます。
やっぱり練習した方がいいかなー、どうしようかなーと思案中。
ただ、Kちゃんお師匠様のワンポイントレッスンで目からウロコがポロリと落ちたので、ぜひ、試してみたかったのです。
そして、うまくいくんじゃないかなーって楽観視してます。

ところで、マクロレンズほしい・・・ 例えばね、ケーキのきのきめの細かさとか、撮れちゃうのです。
今注目しているのはこのレンズ、Canon  EF 100mm f/2.8L Macro IS USM
虫とか花とか、極小の世界を撮る時に使うんですね。
砂糖の結晶の一粒って、どんなにきれいなのかしらん、とか、
桃の皮って、どんなにモワモワなのかしらん、とか、想像しているわけですよ。

アマゾン税


ずいぶん前から協議されていたんですね。
無頓着でした。
Amazon のオンラインショップは手数料だけで、税金がかからなかったんですが、これから、きっちりかかることになります。

    え、え~、いつから?
    9月15日から。これがニュース
    うわ~、今週末じゃん!大変だ~!

最後の税金なしの美味しいいお買い物のチャンス!
見回してみると・・・
欲しい物、以外にないんですよね、これが。
(歳のせいでしょうか。)

しかも、金欠だし・・・
カメラグッズはKeeble & Shuchat のお兄さんを裏切るわけにはいかないし・・・
(変な義理立てを勝手にしてます。)
で、結局買いたいもの、見つかりませんでした。

なんだ、たいしたニュースでもなかったかー、結局。。。。てなこと、みんなしてないかなって思ってるんですけど、いかがでしょうか。

小売店が潤うとか、カリフォルニアの財政の援助になるとかがそもそものスタートらしいんですが、下々のレベルまで来ると、やっぱり私のようにせこい事したくなるような魅力でしょ?税金無しって。
税金を払わないとどれほどうれしいことが起こるのか、アマゾンレベルではさほど感じないかもしれませんが、めちゃお得がいたるところで起こっていますよね。

  • ウェイター、ウェイトレスのチップ。当然申告する必要がありますが、しなくてもわからないという甘い誘惑があります。教師時代に、生徒がある有名なレストランで仕事をしていましたが、その当時でさえ、チップだけで一晩$200はかるく稼げるとのことでした。やめられませんね~。
  • その他のサービス業、とりわけきわどい部分のサービス業はキャッシュ商売ですから、まっさら儲けています。客も公表するわけないという確証があり、いい商売です。
  • 小売店でも、キャッシュのみの店は、100%の確率で収益の引き出しは2つあります。申告用の引き出しと、無申告の引き出し。
  • 違法雇用

などなど、どう見ても、こっちの方がずっと大きいんじゃない?しかも、違法だから、罰金まで徴収できる。
ただね、この辺の取り締まりは難しいですよね。だから簡単に対処できるアマゾンの税金ってことになるんですね。
確かに、Borders とか、本屋さんが潰れていってしまって寂しいです。暇つぶしに行く場所が一つ減ったって感じ。

でも、どうでしょう。これで本屋や小売店が元通り復活するとも思えません。
税金がかかったからとて、オンラインビジネスは減らないでしょう。あの便利さ、もう引き返せません。

裏庭にある自然の仕組み


剪定の仕方のプチレッスンを受けてきました。
夏の終わりとはいえ、まだ勢いのある植物たちですから、そんなに派手にできたわけではありません。でも、床屋さんになった気分で楽しませていただきました。

場所はグミちゃんちの裏庭。
お師匠さんはKちゃん。

忘れないうちに注意事項をまとめておきましょう。

  • 剪定の時期は植物があまり活動していない冬場がいい。
  • でも、一年を通してできることはある。
  • 枯れ枝は常にとる。
  • 密集しすぎている部分はとる。
  • 見るからにカビの侵食とか病的な部分はとる。
  • 全体像をイメージして、バランスよくそぐわない部分はとる。
  • 木に関しては、足元はきれいにしておく。
  • 通常、下に垂れ下がってきている枝はとる。
  • 不確かな時は、少しずつカットする。
  • カットする時は、切り口から再び枝や葉が出てくるので、それも考慮して長さを調整する。
  • 枝を斜めに切るというのが通例であるらしい。
  • 隣接する木の枝と絡み合っている場合は、両者のバランスを考えてとる。

自分のうちの植物ではないので、ちょっと慎重に、でも、バサバサ切ると気持ちがいいですね。
クロゼットの中の古い服をバサバサ処分するような、すっきり感覚が味わえます。
とはいえ、庭のない私。こんど観葉植物、特にファイカスの手入れの仕方を聞いてみましょう。
そうだ。みごと再生を果たした薩摩みかんちゃんの今後のことも聞いてみましょう。

ばんちゃんの裏庭は半端ではなくやりがいがあります。庭師は枯葉とかの処理ぐらいしかしていない感じです。

「断然理解しちゃったから、切らせて!」と、私。
「まあ、いいけど・・・」と、ちょっと不安げな彼。
「よくよく考えてみたら、当然なことばっかりだったよ。自然の仕組みは人間と同じでーす!」
「すごい自信だね。」
「どんな風に生長してもらいたいのかイメージして、病気は取り除いてあげて、整理整頓するって、普通に大切なことじゃない?自然の仕組み、ね~。」

かなり息巻いて話したので笑ってましたが、断然決行するんだと決心しました。