月別アーカイブ: 2012年10月

花の命は短くて


20120410-IMG_0679花はなんで私を優しくしてくれるのかなぁ。
森林や道端で、ひっそりと咲いている花は愛しい。

花をいただくのも大好きだ。
どんな花でも私を思って選ばれた花を手にするとき、
心がときめく。

花瓶に生けられた花一輪も好きだ。
花の命の語りかける声が聞こえてくるようだ。

男性は花に対しては無関心な傾向にあるようだ。
多くの男性写真家のイメージには、花の写真は少ない。
その代わり、美しい女性のイメージがダントツに多い。

なぜかなぁ、と思い始めたとき、気がついた。
男性にとっての花は、言うまでもなく、女性だったんだ。

20120717-IMG_2616花の奥に何を見て何を求めているのかな。
やさしさは、私を平安へと導き、ときめきは明日への希望となり、花に耳を傾けることで自分自身を確認する。
・・・なんちゃって、私の場合ね。

男性は何を見ているんだろう。
女性に何を求めているんだろう。

初々しい若さの変化は残酷だ。
あまりにもはかなくて、花の一生と同じだ。

重力の法則をしっかり守って垂れ下がってきたお肌。
体力の衰え。
もう、受け入れるしかない。
それでも、そこに美を見出せるのかな。
勿論、人として自己鍛錬の結果、昇華できている人は、見かけではなく内側から湧き出てくる美しさがある。
そこが決定的に花と違うところ、ね!
私たちは、人生で2度、開花できるんだ。

私の辞書には、こう書かれている。
”2度目の開花がちゃんと見えてる男性を大人の男と呼ぶ。”

2度目にも可憐に咲ける花になりたい。
安らぎや希望を与えられる花になりたい。

回復


20121028-IMG_7429もういいよねぇ。
帯状疱疹のウィルスよ、もう十分暴れたんだから、さっさと静かに退散しなさい。
勝ち目はないぞ。

ということで、薬の効果で下火になってきたようです。
一時期はとっても痛くて眠れない夜もありましたが、ぐっと楽になりました。

そして、この写真。ばんちゃんに感謝の気持ちを込めて撮りました。
食料と花の差し入れ、話し相手、元気付け、ありがとう!

む~、痛い


風邪引いたかと思っていたら、Shingles 帯状疱疹でした。
私の場合、左足に出ました。付け根のあたりから下に向かって出ました。
人によって症状が少し違うようですが、神経がウィルスにアタックされている病気ですから、痛いです。
こういう時に医者のパワーを感じます。診断されて、薬をもらい、直る見込みがあると思うと、それだけでホッとしますよね。
それまでは、よくわからずちょっと心配してしちゃいました。
しばらく痛みは続きそうですが、もう元気になった気がしてます。

それにしてもですよ。
足も頭も痛いけど、「年寄りがなりやすい」というコメント、かなり痛かったです。
そんな年なんですね。
こうして体力の衰えを受け止めなければいけないこと、やはり、痛いです。

気分転換に、まだカメラを買ったばかりの頃の写真をご披露しちゃいます。
一人でShorelineを夕暮れ時に歩くのが好きだったんですね。Lightroomでちょっとぼかしてみました。
-102

ノーベル平和賞って何?


朝からComcastのお兄さんが来ていてバタバタしてたけど、終わった。
ネットアクセススピードも速くなったよ。ダウンロードスピード、最高50mbpsだってさ。
たしかにサクサクっと軽くなったかも。よしよし。

さて、昨日の大統領選挙討論会。それを見ながら、ふと、オバマはノーベル平和賞をもらったんだったと思い出した。
就任直後のことだったから、世間はなぜ?って騒いでたよね。
まだ何もしていない彼がなぜ対称になったのか。

そんな事を思い出したら、最近のEUの受賞の方がもっと意味不明だったわー。

そこでちょっと検索。ウィキピディアの説明を見ると、ほほ~。
説明はほとんどないけど、過去の受賞者一覧があって、それが意味するものを指し示してるか。

マハトマガンディー、受賞していないんだー。
佐藤栄作ねぇ。
キッシンジャー?
カーターも入ってる。

やっぱり、意味不明の賞ですね。

ところで、最近国連が提唱してウェブ使用料を徴収しようって動きがあるらしい。
ウソ。やめてくれ~。おかしいよね。
自由に使っていいというのが根底の理念で出発したものでしょ。
そこに税金?
しかも国連?

平和賞と共に、世界的な政治がらみの動きを感じちゃうんだけどなー。

3回目


風邪引いたかな。
今日は雨。このシーズン初?
大統領選挙の3回目の討論会を背中がゾクゾクしていたけど、見たよ。

今までとは両者共にトーンを変えて、私としては一番良い討論会だったと思う。
外交問題と論題が絞られていた。

そうだなー。意外だったのは、リビアの問題が最初の論題だったけどロムニーはオバマの説明に深入りしなかったこと。
というか、もっと大きな視点から討論が進んでいったように思う。
今まで十分言い尽くされているから、いまさら話題にしなくても、後は有権者に決めてもらえばいいって事かしら。

ともあれ、両者、あまり激しないようコントロールしていた感じ。

外交問題であっても、やっぱり中国も絡んで財政問題にいくわけね。
そこに触れると、やっぱりロムニーの説明は明解だ。
とりわけ政府の企業への介入に関して、自動車産業を倒産させろとロムニーは言っているんだとオバマは非難しているようだが、かえってロムニーにビジネスの基本を説明させるチャンスを与えてしまった感じだ。
ビジネスの成功は政府の援助によるものじゃない・・・これって、当たり前のことだけど、この場では強力なパンチになった・・・と思うけど、どうかしら。

軍備に関してはわからないなー。
確かにアメリカの軍用機器は廃れているということは聞いたことがある。
でも、軍備にお金を使わなかったらもっと違うことに使える。
かといって、他の国と生死をかけて戦うとしたら最新の武器が必要だ。
やっぱり難しい問題ね。
アメリカに頼りきってここまで来た日本にとっては、強いアメリカであって欲しいんだろうな。

さて、熱狂的なオバマファン以外の人たちは、どう受け止めたのだろうか。

明日、Comcastの人が来る。7時半の朝一にスケジュールしてもらった。
早すぎるんだけど、そうじゃないと一日中待ち続けることになるから仕方がない。
薬飲んで早く寝ようっと。

サービス、トップ3 


20121021-IMG_7426テレビの設定、その後。。。

結局リビングルームからベッドルームへの画像転送はうまくいかず、ほったらかし状態になってた。
その間、Comcastはディジタル移行とかで、私のアカウントをキャンセルしていた。
そういえば、ずいぶん昔ケーブル用の箱の設置について聞かれていた。
よけいなものは欲しくないから、美観を損ねます。。。と、断っていた。

ま、そんなバックグラウンドがあり、昨日、しぶしぶComcastに電話したのね。
ここまで書くと、はは~って、気づく?
電話の対応についてのお話。

たらい回しにされることを見越して、コーヒーを煎れて朝食の準備をしてから電話。
最初の10分は機械との会話。
ついに生の人間との会話ができそうだったので、10分ならラッキーじゃん!と、うれしくなる。

問題は2つ。一つはケーブルの箱のオーダー。もう一つはベッドルームの差込のアクティベーション。その為には誰かに来てもらう必要がある。だから、その予約。

なんちゃらかんちゃらと会話の後、ちょっと待ってね、と言って5分ぐらい待たせられた。
帰ってきたと思ったら、「この件は私にはハンドルできないから、転送するね。」
結局こう来たか。彼女はただ単に受付係だったんかい。
コーヒーを煎れなおしてさらに5分。

今回は全工程30分ぐらいで終わった。前回と比べたらぜんぜんまマシだからいいとしましょうか。

私の経験に基づくワーストサービス、トップ3  

  • DMV ・・・ 時間、サービス共、最悪。
  • 郵便局 ・・・ 時間はその時々によるけど、対応は最悪。最近郵便物をなくされた疑いアリ。でも、ちゃんと扱ってもらえなかった。それどころか、私の方が悪者のように扱われた。
  • 電話会社  ・・・ 生の人間と話せるようになるまで時間がかかりすぎ。その後はいいんだけどなぁ。

ちなみに、いいサービス、トップ3は、

  • AAA ・・・ 道路、保険、共に期待を裏切らないどころか、期待以上のサービスをうけられる。
  • サラトガSafeway ・・・ 従業員によるかも、でも対応の仕方がいい。
  • ClickAway ・・・ つい最近お世話になったITサービス。

一般に公共サービス関係はやはり対応わるいよね。モノポリー化するとそうなってしまういい例ですね。

ところで、日本のサービス業は、比べ物にならないくらい全般においてレベルが高い。
ところが、この地での和食レストランの対応は、日本人従業員を雇っていてもぐっとレベルがさがると感じるのは私だけだろうか。(高級レストランは除く。)

チップを置いてもいいと、本当に感じるレストランはイタリアン系が多いかな。

昨夜は、久しぶりに懐かしい顔ぶれでパーティー。Aちゃん、Oちゃんの家で集まった。
私はロールケーキに挑戦したが、卵の黄身と白身を分けるところで失敗し、時間切れで断念。
近くの中華料理店Mandarin Goumetでオーダーしたフライドライスと蟹クリームパフで代用。
今回初めて、蟹クリームパフを試したが、いける。中華料理もフュージョンがはやっているのだ。

Aちゃんちで面白いギャジェットをいくつか発見。彼らが好きそうな物だなと納得。
中でも一つ、特に気になった物、Nespresso
彼らの話では、もう有名らしいが浦島花子だった。
コンパクト、手間要らず、清潔、みたいなキーワードが印象として入ってきた。
ちょっと調査が必要ですね~。
 

優れ物のご紹介


20121017-IMG_7412昨日、アマゾンでオーダーしたこの製品が届いた。
ちょっと試してみただけで、ウソ~の狂喜。
あっという間にきれいになった。

何回か他の製品で試してみたけど消えなかった数々のシミ。
あまり効果が見えなかったからあきらめていたんだけど、お掃除サービスのジャディラの「けっこう目立つようになってきたね。」の言葉に、もう一度チャンスをあげようと思った。

そこで、数々のリビューのリビュー結果、この製品を選んでみた。
プロ用製品というところも決めてね。

もう~、うれしくなっちゃって家中いたる所をスプレーしてまわり、一缶すでに使い切り。
シミが跡形もなく消えている。それほどスゴイ!

今朝、ジャディラがいつものようにお掃除に来てくれた。
最初の言葉、「カーペットクリーニング、してもらったの?」
絶対オススメ~!
20121017-IMG_7406
次の製品は、先週ちょっと触れたSonicareの最新バージョン、Diamondclean。

チャージャーの見かけが斬新ってのもあるけど、当然、性能アップもある。
バッテリーライフは3週間。
これだけ長かったら日本に行って帰ってきても十分耐えられる。
軽い。
使った後、このコップにスポッと入れればいいだけなので、なんとなく気楽感がある。

ただ、ハンドルに滑り止めのゴムがなくなり、見た目すっきりだけど、滑りやすくなったかな。
4種類のブラシオプションは、前のバージョン同様、あまり使わないかも。
20121017-IMG_7408

こちらが、例のケース。

しかし・・・3週間もバッテリーライフがあるなら、大抵の旅行はチャージする必要ないかも。

ま、ケース自体、スマートなデザインだし、きっちりと収められる内装だからいいとしましょうか。

絶対よ~!っと叫ぶほどのオススメではないが、もうそろそろかなと考えていたら、価値アリ。

ちなみに、Sonicare floss だけど、まだきちんと使えてない。
もっとすっきりフロスできるかと思ったんだけど、口を開けたままだからいけないのか、水が結局ダラダラと口からしたたり落ちる・・・って感じで・・・練習が必要かも。
だから、こちらはまだ推薦できない。