月別アーカイブ: 2012年11月

N3


昨夜は久しぶりにNEC (Nihongo Exchange Club)に行ってきた。雨だったこともあり、6人しか来なかった。
最初はピーターさんと二人だけ。そのあとカークさん、コールトンさん、がポツリポツリとやってきた。アーニーさんは帰り際にお菓子を持って来てくれた。Peet’s で自分のお菓子を食べてもいいのって、いいよね。Peet’s のお兄さん、私達の会話を聞いて日本語覚えたって。

20110508-_MG_5425話題はあらゆることに広がったのだけど、それでも中心は N3 日本語方力試験についてだった。なぜなら、今週末に年に1回の試験があるからだ。そして、ピーターさんは N3 というレベルの試験を受ける。
そもそも、日本はやたらと検定試験が好きな国でいろいろな資格試験がある。それがどれだけ履歴書に効力を発揮するかは私にはわからない。
でも、この試験は政府の介入が強力にあって、各種資格所得のための必須条件になっている。真剣になるわけだ。

それにしてもこのサイト、すべての漢字にフリ仮名が付けられていて、うざくて読みにくい。試験を受ける人用だから仕方がないか。
N3 を受けるピーターさんは、漢字も700字ぐらい習得しておく必要がある。大変ですね~。

カークさんはすでに3級試験に合格している。コールトンさんは試験を受けたことのない人だけど、N2 は軽く受かりそうなほど。日系企業で働きたいと言っていた。

で、今週末に試験を受けるピーターさんにアドバイスとか、ちょっとしたクイズみたいなものを問題集をみながらやってみた。
20110508-_MG_5412-Edit「の」と「が」の違い・・・

昨日、ピーターが薦める店に行ってみた。
昨日、ピーターの薦める店に行ってみた。

さて、どう違う?説明できる?

何も考えずに使う日本語。もう一度考え直すいい機会なんだ。

そして、この国ではTOIFLとかの検定試験はあっても、学校入学の参考資料にされるだけで就職のための必須条件になってないことに、
すーっごく、安堵。
大昔、SFSUに行く前に受けたよー。550点ぐらいだったかな。
最近はそのシステムも変わって、今の点数制度は知らない。
でもね、その時に言われたことは、英語ネイティブが受けても高得点は難しいんだって。

日本語能力試験も同じようですね。
N1のテストなんてちょっとやばい日本人いそう。

ジュース


20121126-IMG_7988感謝祭パーティーでジュースをしぼってみた。でも、ばんちゃん家族はフルーツ野菜系が苦手なので、ちょっとなめた程度。
やはり研究、テストあるのみだ。
そこで今日は冷蔵庫の中の残り物野菜とフルーツを全部使って5種類のジュースを作ってみた。
ジュースレシピの本が届くまで、レシピ開発しちゃうもんねー。
左から・・・

  • ブラックベリー、いちご、緑のぶどう
  • 青りんご、オレンジ
  • にんじん、いちご
  • 赤ピーマン、にんじん
  • バナナ、牛乳、青りんご、オレンジ、ぶどう
  • ブラックベリー、いちご、緑のぶどう (最初のと同じ)

最後のバナナミックスはちょっと不安。取り合わせとか、きっとあると思うのだけど、まだわからない。味自体はいいよ。
一番美味しいのは、ブラックベリーミックス。これならばんちゃんも飲んでくれるかもしれないので、たくさん作った。
ピーマンミックスは、もろ野菜の味で、私は美味しいと思う。でも、多分、彼は飲まない。
にんじんミックスもりんごミックスも美味しい。
今度は桃とか、ネクタリンとか、もっといろんなフルーツを試してみよう。

リバウンドといえば当然これ


体重増加は必須ですね。
今日はばんちゃんを例にご説明しましょう。

彼は身長6 フィート 1 インチ、約185 cm。
体重は 170 ポンド、約77 kg。
理想に近い体型をしています。

それが感謝際の翌朝、一気に 178 ポンドに急上昇。
勿論、身長は残念ながら変化無しです。
シャワーの後、174 ポンドに減少。
翌朝は 172 ポンドにさらに減少。
そのまま 2 ポンド減少するかと期待しましたが、その後、変化無し。結局 2 ポンド、約1 kg 増えたことになりました。

すごいですね~。
こんな体重の変化が3日間であっていいんでしょうか。

私ですか~? む、む、む・・・ 怖くてまだ計ってません。

感謝祭リバウンド


20121125-CIMG3333
疲れていたけど、久しぶりに散歩。
少し元気が出てきたかな。

感謝祭のお食事、はりきっちゃったからかなぁ。
翌日、寝込んだよ。

それでも金曜日の夜は、大ちゃんに誘われて彼の友達と一緒にちょっとはしゃいだ。
でも、なんせ年齢の差がありすぎだから、疲れたー。
若者は元気。

3人だけの小さな集まりだったはずなのに、大ちゃんもばんちゃんのお兄さん夫妻も来てくれたから6人になった。

Kちゃんお勧めのたターキー野菜ローフ。ばっちり美味しくできたし~。

20121122-IMG_7970
念願のロールケーキもうまくできたし~。バックアップ用に焼いたパンプキンパイも美味しく焼けたよ~。
セスおじさんも電話で参加してくれた。2012年の感謝祭は大成功~!  あー、疲れた。
20121122-IMG_7982

ミクを知らない


100%知らないかったよ。
ネット検索を1時間以上かけてようやく何なのか理解できた。
ご存知でしたか?初音ミク?

そもそもVocaloidが何たるや、まったく知らんかった。
きっかけはルイヴィトンが彼女のためにデザインするというニュース。
初音ミク、誰、この子?

それにしても、どこかで見かけたことのあるキャラだぞ。
ゴゾゴゾゴゾ・・・
FanimeCon にそんな感じのコスプレの子がいぞ。

これ、去年のFanimeConから。ちょっと違うかな?

ウィキペディアによると、世界的に人気のあるバーチャルな架空の人物だという。
ふーん、でも、そんなものにルイヴィトンがなぜ?
そこまでする価値があると思った理由は何?

まずはYouTube に載っているコンサートを見ると・・・  東京でのコンサート

会場は実物、バンドも実物、そして観客もバリバリの生の人間。初音ミクだけがホログラム映像。
映画会でもない、まじめなコンサートなんだ。
日本だけじゃなく、すでに世界のミクになってる。
当然、ファンの圧倒的大多数は若い男性。彼らは生の人間より架空のミクに夢中なんだ。

ついにここまで来た?

Vocaloidという人間の声を自動生成してしまうソフトが2007年に発売され、それに付属していたイメージ画像が始まり。
初音ミクバーションのソフト
熱烈なファンがそれを元に簡単にアニメーションができるプログラムを作ってしまったことが拍車をかける。

絶対的な理想像なんて存在しない。
でも、ミクは世の若者男性の望むガールフレンド像に限りなく近いと言ってもいいかもしれない。
だって、Vocaloidは理想のミクを簡単に作り出すことができるから。
音符をはめ込み、歌詞をそれにあわせて書くだけで、そのままミクが歌ってくれる。
自分が聴きたいと思っているセリフをミクが歌にして歌いかけてくれるんだもん。
自分が育てあげたミクがいる・・・みたいな感覚が生まれても不思議じゃない。
そりゃ、人気が出るわけだ。

まぁ~、アイドルは架空の世界で作り出された人物だから、生の人間であろうが、アニメであろうが、たいして違わないのかもしれない。文句を言わずに永遠にアイドルでいてくれる点、無駄を省いている点で、むしろ、ずっといいかもしれない。
生々しく人間に近づけずに、アニメの状態を残して3D化し、現実に近づけている理由はその辺にあるかもしれない。面白い。
バーチャルな世界をみんなで遊ぶゲーム的感覚なのかな。
これで生の女の子に興味がない男の子が増えるなんてこと、ないよね~ぇ?
本物ができるまでのアイドル。そんな存在なんだよね~ぇ?
芸能プロダクションはどう思っているんだろう。将来はミクのようなアイドルが取って代わるだろうか。今後の展開が楽しみ。

このソフト、見てみたくなってきた。大ちゃんはすでに知っているんだろうな、当然ね。でも、聞いてみようっと。

印刷作業


週末は写真の印刷に明け暮れた。
気がついたら50枚入りの紙を全部使いきっていたけど、勿論、使った紙全部の出来がいいわけではない。10枚程度が完成品として残った。
前回も書いたけど、印刷は写真を撮る作業とはまったく次元の違う世界なのね。
しっかりした知識と緻密なデータ管理が要求されるわけで、言い換えると、私のようないい加減な人間にはまったく不向きな作業と言うことができる。

ばんちゃんの家には、ギャラリーのような照明がある。というより、彼はまさしく写真を飾るためにのみ照明を作り変えた。
で、今の写真と入れ替えに、それぞれ2枚ずつ新しい写真を選んで入れ替えようということになった。
テーマはキャニオンランド。そして縦長の写真。
13x19インチの紙に印刷して、マット用紙をきっちりカットしてフレームに入れるという作業。

でも、ない。キャニオンランドで、しかも縦長の写真となると、ないよ。
しかも、あの旅行では大量の写真の喪失事件があったので、旅自体は素晴らしかったけど、私の写真の出来栄えはイマイチという印象が深く残っていた。だから、その後Flickrに載せた写真も振り返ってみたこともなかったんだ。

そして今、もう一度見直してみると・・・縦長か・・・、やっぱ無い。
渋々、無理やり縦長に切り取りして作った写真を印刷してみても、やっぱり気に入らない。
そうこうしている内に紙はどんどんなくなり、インクもバンバン取替えた。予備が2個ずつあったのに、それも使い切った色もある。難しいんだ。ふ’ぅ

気を取り直して縦長はしばし休憩してランドスケープをいくつか。中でも、これ・・・ じゃん。
前にも引用した。ちょっと編集しなおしたら、さらによくなった。ばんちゃんのコメントはイマイチだけど、私は気に入ってる。

20120722-IMG_3883

アーチーズNPの早朝。すっきり爽やか。勇気と活力を与えてくれ。私の家の壁に飾っておくもんね。

次はアンテロープキャニオンの知られざる場所。これも家に飾ろう。
20120720-IMG_3048

これは迷った末Flickrに載せなかった写真。でも、今見るといい。わざとぼかしているところ、不評のようだけど、私は好きだな。
帰ってきた直後は興奮していて、その時いいと思ったものがそれほどよく見えなくなってきているものもがある。逆に、その時はそれほどと思っても、今はいいと思うものがある。この一枚も後者だ。大好きなアスペン。
20120727-IMG_5811

モノレイクもよかったね。
20120728-IMG_5892

こんな近くの林の中の風景もいいね。
20120602-IMG_9588
今日は奮発して沢山写真を載せたけど、取って置きの写真がまだだった。
デスバレーのユーリカ砂丘はどれもこれも思い出に残る。一つを選ぶのは難しいなぁ。でも、とりあえず、これ。
20120421-IMG_1927

ジューサー


20121116-IMG_7955

ついに届いた。

様々な方々の意見を拝見し、ネット検索もしばらくした結果、このジューサーに決た。

キッチンカウンターに置いてみると、大きいなぁ。

本当に使うの?みたいな声も聞こえてきそう。

この冬はこれで健康管理をするつもりよ。
グミちゃんのジュースダイエットや、Aちゃんのジューサーミキサーのポジティブコメントに刺激されちゃったし。

20121116-IMG_7957

さっそく、試運転。

これ全部使いきったよ。

  • ミカン 
  • バナナ
  • 人参
  • りんご
  • パセリ

20121116-IMG_7960

人参から味見。
うん、おいしい。

りんご追加。
うん、おいしい。

パセリ追加。
うん、いける。

ミカン追加。
当然おいしい。

バナナ追加。
うん、いいね。

20121116-IMG_7966

ということで、パセリと人参を使い切ったところで、一旦停止。
入れ物もジュースでいっぱいだし、ばんちゃん用にフルーツだけのジュースも作ってみようと思った。
野菜とフルーツの混合ジュースは、やく6カップぐらいできた。

みかん、りんご、バナナジュースは10カップぐらいかな。

例えば、3日に一度ぐらいのペースでジュースを作るとしたらどうかしら。

ばんちゃんに飲ませたけど、イマイチの表情だった。
フルーツ嫌いの人ですからね~。
ジュースレシピを探そう。