月別アーカイブ: 2013年2月

ちょっと大きくしてみた


カード作りを結構するんですが、今回、ちょっと趣向を変えてみようと思っていました。
そこで3人(ばんちゃんと彼の息子J君と私)の合作誕生日カードを彼のお母さんに作ろうと提案していました。アイディアは漠然と大きめのカード。ただ、どこまで大きくしたいかまでは考えていませんでした。
そして出来たのが、このカード。ジャン~

20130224-IMG_9637
Made a birthday card nearly 140 cm high!

都合により、いろいろな書き込みがあったのでわざとぼかしてあります。
私の背丈より少し低い高さ、約 140 cm ぐらいのカードの誕生となりました。

ちょうどテレビを買った時の箱がまだあったんです。ばんちゃんの猛反対に合いながらも、3人であれこれアイディアを出し合って2日間、J君の友達まで巻き込んで夜中過ぎまでかけて作り上げました。

20130224-IMG_9630

  1. カードボードをきれいに2枚切り抜きます。
  2. 2枚のボードを閉じ合わせるためのリボン通しのスリットを6つ作ります。
  3. 包装紙を必要な分だけカットして、内側に織り込みます。このカードにはロール4本の包装紙が必要でした。
  4. 内側のボードには白い紙を貼り付けます。その際、包装紙が少し見えるようなサイズにします。2本の包装紙が必要。
  5. プレゼントを入れるポケットを貼り付けます。だだの紙を少しダーツとしてつまんでボードから浮かせるようにして貼り付けます。ティッシュを入れて、プレゼントを入れます。
  6. 普通のカードに書き込むようにメッセージを書いたり、絵を描いたりします。ここでは84歳をわざと48としてあります。また、スティカーをたくさんぺたぺた貼り付けました。
  7. 前扉に貼り付けるフウセンは色紙を切り取り、リボンを下につけて作ります。数は名前のアルファベット文字数だけ作ります。フウセンにはそれぞれ一文字ずつ記入し、適当な言葉を書き込みます。
  8. フウセンを前扉に貼り付けます。リボンも固定します。
  9. 後ろ扉には、参加者の名前とコピーライト表示をジョークとして適当な形に切り取った色紙に書き込み、はりつけました。
  10. 最後に2枚のボードをリボンで閉じ合わせ、完成です。

大変だったけど、楽しいプロジェクトでした。ぜひお試しください!喜ばれること請け合いです。

間に合った!


20130223-IMG_9627
ばんちゃんのお母さんの誕生日プレゼント。

使った糸は
Debbie Bliss Amalfi
綿 70&% で春から夏用。
色は彼女のご指定の
Teal 緑と青の混ざった色。

木曜日の夜からせっせと編み始めて、徹夜して今朝6時半に完了!

デザインも試行錯誤しながら編んでいったのでもう二度と再現できない。
今回はほぼ同じぐらいのサイズに仕上がったけど、至る所で左右違う。目数も40のはずが、いつの間にか41になったり。
初めての挑戦でかぎ針編みを縁に付けてみた。鉤針編みはK先生に今週末教えてもらうはずだったのだけど、例のごとく待てない。ここで3時間ぐらい編んはほどいて大苦戦。もっとエレガントにしたかったけど、やっぱだめだ。カラクリの解明はK先生の講義の後にしましょう。

そうこうしている内に糸がなくなって、実は指の方にもかぎ針で飾りを付けたかったのにできなくなってしまった。
20130222-IMG_9619
まあ、いいとしましょう。

今回はなんといっても網目がきれいになって、そろってきたこと。
前回のこの作品と比べれば一目瞭然。
ノビスとは、こういうものですね。

それで思ったこと。
試行錯誤ではあったけど、2日間で仕上げたことはよかったのではないか。
一気に編み終えたことで編み方が安定していた。その結果、サイズも同じぐらいになった。ということは。。。

母さんが夜なべをして、手袋編んでくれた~~

息子を思う母の気持ちの他に、実は一気に編み上げる意味がここにあったんじゃないかって思ったりするのは・・・私だけか。ハハハッ!

さてさて、これからカード作り。ばんちゃんと彼の息子に大きな誕生日カードの合作をしようと提案してしまったので、もうすぐ彼らが来るはず・・・ こっちはこっちで、またまた面白いことになりそうよ。

Sesame cream spread and green tea late


20130222-IMG_9615I was sick for nearly a week.
So I went to see a doctor yesterday. His diagnoses was a stomach flu.
I became drastically well since then although he didn’t give me anything but Vitamin C IV.
I tend to be this way. It’s either doctors have a magic or I am so gullible.

A gorgeous morning guided me to my patio filled with dried leaves today. And this Black sesame spread made me feel even better.

A visitor from Japan gave me a bottle of this product more than five years ago. Since then, I’ve been looking for it at everywhere but have no luck finding it.
Then it was yesterday. I couldn’t believe my eyes. I saw it on a shelf at Marukai, Japanese supermarket near by my house. I was simply looking for a ginger tea then. There were only two bottles left. So I quickly grabbed them and came back home.

I can say this; eating the sesame spread is as delightful as owning a new macro lens I’ve been thinking of.

Morning breeze and warmth of sun, and Sesame spread, it went quite well with a cup of green tea late.

お花の料理


さてさて、昨日は地球一斉にバレンタインデーだったんですが、みなさん、いかがお過ごしになったでしょうか。私はラッキーにもデートを2回もしてしまいました。うひゃ~。

ばんちゃんが花束とワインボトルを持って来てくれた。
「どんな風に花がアレンジできるか楽しみだよ。」なんて言ったものだから、ちょっとドキドキ。
Torader Joe’s の花束。内訳は12本のバラ。3本のバラの葉のついた枝。そして2本のカスミソウ。
さて、どう料理する?

A or B, which do you like? 

    A with red vase                  B with red ribbon

20130215-IMG_9065

20130215-IMG_9056

20130214-IMG_9050

私はだんぜんA。
ばんちゃんが持ってきてくれた花瓶でも試してみたけど、無難すぎで写真も撮ってないの。

彼はどっちが好きと言うかしら。

手放したくない


20130213-IMG_904720130213-IMG_9048

編み終わるまで検討もつかなかったけど、今こうしてみると惚れ惚れ。

私好みに仕上がってる。手放せませんね。

ビーズも、最初はもっと違うものを考えていたけど、通し穴が小さ過ぎて使えず、ようやく見つけ出したパールを5つ。いい感じ。

そうこうしているうちに、今どうしても試してみたいアイディアがある。
名づけて、Hand Sun Visor。
夏に向けて運転しながらでも手が滑らないように工夫された、日焼け予防の手袋。
もう~、楽しすぎて時間がいくらあってもたりないよ~

20130213-IMG_9037

それでね、今回の焦点は再び親指。

こうして別糸で編んでおいて、後で解くんだ。

解いて、目をすくって・・・前回はそれで苦労して数箇所解けたりした。
で、考えたのがこの方法。

どうせ解くなら、解きやすいように、目をすくいやすいようにしておけばいいんでしょ。
一往復多く編んで、すくう目がわかりやすくなった。
次回は表からでも目がわかるように、裏編みを使ってみよう。
きっとうまくいく。

20130213-IMG_904220130213-IMG_9046

もう一つの嬉しいお知らせ。

ANAのBoeing 787 のキャンセルで私達の日本行き切符もキャンセルになっていたんだ。

幸い、SFから別飛行機で飛べることになった。安堵。

それでね、その時に編み棒を機内に持ち込めるのか聞いてみたんだ。そうしたらOKだって。というか、だめだとは書かれていないとのこと。対応してくれた方も編み物が好きで、よく機内で編み物をするとのこと。しかも、ハサミも手のひらに入るような小さいものなら大丈夫らしい。

ただ、検査はANAがしているわけではないので、念のため長い編み棒は避けて、金属製ではないものがいいとのアドバイスだった。よし、これで長いフライトもグッと過ごしやすくなる。ウフッ

再生


20130207-IMG_8767

1月にグミちゃんの庭からいただいてきたキンモクセイの枝。
実際に庭に植えられるようになるとか、
甘い香りを楽しむとか、
そんなことはあまり期待していない。
ただ、そんな思いを持って見つめることに意味があると思う。

わずかな光に輝いている小さな枝に祈りを込めた。

それでね、驚くことなかれ。
1月にファーマーズマーケットで買ってきた梅の枝。花も枯れていたから処分しそびれて放置状態だったわけ。

先日、観葉植物マネージャのジャディラがこの枝を見ながらつぶやいた。
「また元気になって来たね。よかったじゃない。」
てっきりパティオのミカンのことを言っているものと思って、
「ほんと、あなたの助言で奇跡が起こったのね。」なんて彼女の方も見ずにいい加減な返事。

そして2-3日後・・・私は一人で叫び声をあげてしまうことになる。
20130212-IMG_9030
梅の枝には若い小さな緑の葉がいくつも芽吹いていたの!

こんなことって、あり?

ジャディラはミカンの事を言っていたんじゃない。
この梅の枝のことを愛でていたんだ。。。

もう~、私ったら~。

さっそく光の当たる窓際に移してみた。
どうかな。
キンモクセイも一緒に。
(うは、窓ガラスが汚い。。)

ついでに、ばんちゃんのお母さんからもらったヒスイの木も隣に置いてみた。
生命の再生をもたらす力があると信じられているヒスイ。
先日、K先生のスタンフォード美術館ツアーで教えてもらったもんね。

切り取られてしまった枝、その瞬間に梅の、キンモクセイの命はどうなったんだろう。
みごと再生を果たし蘇えってきた梅に、畏怖の念を抱く。
これを生の不思議と呼ばずして、何と表現したらいい?
自然の恵みよ、ありがとう!

2時間半


20130211-IMG_9016
これを作るのに2時間半もかかってしまった。ロールキャベツ。
9時に開始して、オーブンに入れられたのは10時半だった。試食し終わったときには真夜中を過ぎていた。

水曜日のお食事会で作りたかったのね。で、その前の練習クッキングだったわけ。
試してみてよかった。美味しかったけど、時間かかりすぎ。ボツだ~。

何がいけなかったのか。キャベツをはがすのに手間取ってしまったことかな。
もう、2度とつくらない・・・かもしれない・・・

ところで、ビーズの編み込みハンドウォーマー。
20130211-IMG_9026
こうして出来上がってみると、編み目の不ぞろいが気になる。

やっぱりもう少し練習が必要みたい。

ということで、ビーズ、ビーズ、ビーズ!
興奮して大量に仕入れてきたのね。
ところが、ぜーんぶ、穴が小さくて使えなかったのよ~。
もうー、愕然。なんなの、アホな私。
この写真のビーズはたまたま大きかったのね。
ぐったりしてしまった日曜の午後のお話でした。。。