月別アーカイブ: 2014年3月

ナプキンとペン


20140331-IMG_2843週末、かわいそうなことに、ばんちゃんは病気で寝込んでしまいました。
そこで私もおとなしくどこにも行かずに近くで待機。
でも内心、シメシメ、ウヒヒ。

これで作れるぞ~。

ナプキンスタンドは以外にスイスイ、ホイ。
デザイン的に強度が一番心配でしたが、まあ、許容範囲内。
サポートもかねて大きなリボンをつけてあげました。
20140329-CAM00767丁度来客10人のパーティーがあったんです。ぐっと華やかになりました。

 

今回わかったんですが、曲線は90度の角の処理より扱いやすいかもしれないということ。

これが正当な方法かどうかはわからないけど、こんな風に切り込みを入れて。。。

こんな風に折り曲げると、きれいな曲線の出来上がり。

犬のお父さんとピタゴラスおじさんの協力で描けた形。

20140331-IMG_2837いつもカウンターの上に転がっているペンのために、同じ布でペンたても作ってあげました。

紫色がちょっと濃過ぎるかな・・・
でも黄色い壁の色のダイニングルームに結構マッチしています。

そして、ちょっと華やかに、例の早く処分したい黄色の布で作ったリボンを添えて。

20140331-IMG_2859 リボンはサッシュのように取り外し可能なので、使ったり使わなかったり、どちらでも OK ね。

ばんちゃんが病気だったおかげで週末にもこんなにかわいらしい小物ができて大満足。

あ、いえ早く風邪、治してね~!

ダイニングルームがほんの少しだけ小奇麗に片付いた気がします。

次はお箸やシルバーウエアの入れ物です。できれば同じ布を使いたいんですが、もう残っていません。残念だなー、同じ布買いたいなーと、心が動きます。

ばんちゃんのクロゼットの中、実はねらっているものがあります。紫色のシャツ。
20140331-IMG_2850あまり着ていないようなので寄付してと聞いたことがありましたが、みごと却下されちゃいました。
どうやって説得できるのか・・・今後にご期待ください。

 

Tissue Box #2 近くを感じたい


ばんちゃんのお母さんは85歳。先日、白内障の検査をしに病院にいってきました。20140327-IMG_2815
20140327-IMG_2826

 

 

 

まだその気配がありそうだという段階で、半年から1年後にまた検査をするとのこと。

なんだ、つまり、何も問題がないって事ね。。。

と思いながら車の中で雑談。心配性の方なんですね。

彼女にはたった一人の孫がいます。その彼ももう17歳。

20140327-IMG_2827もうあまり会えないし、もうすぐ大学に行ってしまいます。

だから、寂しそう。

本当に目の中に入れても痛くないんです。
彼女の目の中に入ってもらって安心してもらいたいものです。

彼女の話を聞きながら、私の頭の中には何やらおかしな情景が浮かび上がっています。

20140327-IMG_2811ばんちゃんより大きく成長してますからね。
彼が目の中に入いるって・・・

シュリンクマシンでアリぐらいの大きさにするしかないかな。
いやいや、もっと小さくないとだめ。

1 mm 以下じゃないと痛いよね。。。

こんな妄想にふと気がついて一人でニヤニヤ。

で、その彼女のためにティッシュの箱。

青い色が好きだとのことで、青い布探し。20140327-IMG_2828

あった、あった。たった一枚だけありました。
彼女の大好きな孫が昔使っていたシーツ。
それを貰い受けて作ってみました。

きれいに洗ってあるから彼の匂いがするわけないんだけど、でも、雰囲気ありますよ。
きっと彼女にはわかるかもしれません。
だって、お気に入りの孫が使っていたシーツだもの。

だから青いシーツの Tissue box 。

彼と一緒にいるような、そんな気がしそうよ。
大好きな猫たちもわんさか 9 ひき登場させてあげました。

彼女のたった一つの宝物。孫の気配を感じたい。
そう、いつも近くを感じられるような、そんな特別な箱になりますように。20140327-IMG_2813

Circle Cutter


ついにやってきた Olfa の Circle Cutter。20140327-CAM00759
予想に反して小さい。
期待したほどのことはないけど、断然フリーハンドで円を切り取っていくよりきれいにできる。
ただ、厚さがあるものはできない。例えば、3mm以上は多分カットできない。なぜなら、刃がそんなに出ていないから。そして、半径5インチが最高の大きさ。

よしよし、ティシュボックスの完成、これでできるよ~!!!

それに、犬のお父さんとピタゴラスおじさんの助けでナプキンホルダーにもとりかかれる。
左から3インチ、4インチ、5インチ、どれがいいかなー。20140327-CAM00754

わーい、これから丸い形に関連するカルトナージュ、ふえそうねぇ。うふふ。

 

ピタゴラスおじさんのお返事


犬のお父さんの数学クイズにピタゴラスおじさんが簡潔に答えてくれました。

2cos(θ)

ピタゴラスの定理と言われる三角関数を勉強する時に必ず出てくる定番。その直角三角形を2つあわせると答えが出るということなんですね。

一つの直角三角形は彼の定理を使うと (3^2)=A^2+1^2 (3=r, A=cos(θ), 1= sin(θ))

よって

1.  中心点から1 cm 離れたところの直線の長さは 2A=2(square root (9-1))

2.  中心点から 2 cm 離れたところの直線の長さは 2A=2(square root (9-4))

わーい、数学って便利ね。これでナプキンホルダーが作れます!20140328-CAM00765

犬のお父さんからの質問


円形カッター、まだ届きません。犬のお父さんも一緒に待ってくれていますが、さすがにしびれを切らしています。そこで、やさしいお父さんは暇つぶしにこんな問題を出してくれました。

直径 6 cm の円があるとします。
それを中心点から 1 cm 離れた所で直線を引き、切り取ります。(下図を参照)

問題 1 その時できた直線の長さは何センチになるでしょうか。(alpha value)
問題 2 また、中心点から 2 cm 離れた所の直線は何センチになるでしょうか。(beta value)

数式と共に答えを出してください、ワン。

20140327-CAM00758

大きな箱への挑戦


まちぼうけ。
丸い形を切り取るカッターツールの配達を待ってます。
もう1週間以上も経っています。待ち遠しいな~。
オーダーしてからちょっと後悔しちゃいました。
だって、同じものがアマゾンでもっと安く売っているし、もっと早く届いたはずだから。
痛い、痛い。
こういうこともありますよね。
でも、もっと痛いのは、なかなか来ないからプロジェクトを中断させているってこと。
待ちきれないよ~。

20140326-CAM00751ということで、さっさと次のプロジェクト。ゴミ箱作りを思案中。
犬のお父さんのIdea Book にも書き込みました。
ただ、ゴミ箱って大きいんですよね。

大きな箱作りの最大のチャレンジは、厚紙。
次に、布。

小さいダンボール箱なら沢山あるけど、大きいサイズとなると入手しにくいです。
布はシーツを使うという手があるし、ミシンで縫い合わせるという技も使えます。
でもねー、箱はどうかな。20140326-CAM00747

それなりに強固なものにしたいわけだから、貼り合わせってどうなの?
貼り合わせ部分はきれいになるか?
紙の厚さをそろえられるかな?
と、疑問点が多々ありますね。

でも、そういう時は試すのみ。ね!
ここがリサイクリングプロジェクトの強みです。
失敗したって材料費はゼロですから。(か、限りなくゼロに近い。)

あるのはこの3つの段ボール箱。
これを切り貼りして、ダクトテープで補強すれば何とかなるでしょう。
20140326-CAM00750

さー、プロジェクト開始よ!

そしてできたのが、これ。
13 x 9 x 18 インチの箱。(33 x 22 x 45 cm)

テープで張りまく。まあ、良しとしましょう。

布はどんなものにしましょうか。
やっぱりシーツになっちゃうのかな。
でも、それじゃあ面白くないんじゃない?

などなど、待ちぼうけの時間つぶしをするのでした。

今日のナーるほど:  Caregiver vs Caretaker

両方とも同じような使われ方の用でもあるんですが、Care する対象が何か、賃金が払われるかどうかで使い分けられるようです。

Caregiver は病人とか老人、子供とか、助けが必要な人のお世話をする人。家族の場合は無報酬でお世話しますよね。報酬つきでお世話する時もありますが、そこに重点はあまりないようです。

一方、Caretaker は人も入っていますが、どちらかという建物、財産などの管理を雇われて報酬をもらってする人のことをさします。建物の掃除をする人もこの部類に入ります。

漠然としていましたが、こうして比較するととてもわかりやすいですね。

The Elements of Color


色の研究としてはバイブル的存在でしょうか。芸術、美術にかかわる仕事をされている方々、または勉強された事のある方なら大抵知っている色の研究家、ITTENの著書。この本 The Elements of Color はタイトルどおり、色の基本を説明してくれています。The Art of Color の縮小版です。

20140325-IMG_2800かつて所有していた本はぜーんぶ寄付してしまい、この本はそんな「寄付しましょう運動」の中を生き抜いてきた数冊の中の一冊。
この国に来てからほどなく購入した本でした。当時はちょっと難しくて読めなかったんで、色の配色の比較などを眺めていた程度。
それでもなぜか手放せず、ページをめくることなく25年以上がたちました。

そして今、再び手に取り読み始めています。
まだ最初の数ページ目ですけど、感動の嵐が吹きまくってますよ。

彼の色に対する深い洞察、真正面からじっくり向き合っている姿勢を感じます。

え?この本、そんな本だったの?と、いまさらの驚き。そこから彼の生き方みたいなものもまで感じちゃうのって、すごいです。
私の読み方、歳とともに変わってきているからかもしれません。

色は直接私達の脳を刺激します。そして、考え方をも支配してしまうほどパワーがあります。
彼はそんなこと書いていないけど、ひしひしと感じます。じーっくり読んでいきましょう。

「それにしてもあなた、定規をしおり代わりにするって、どういうこと?」
「近くにあったものが定規だったもので、つい。どうりで使いにくいと思いましたわ。
・・・もっと短い定規なら良かったのにね。」
「そこじゃないでしょ。ポイントずれすぎ。こりゃだめだ。」