月別アーカイブ: 2014年6月

Box #18 Unicorn の秘密


20140629-IMG_4732いったい誰が残していったのでしょう。ユニコーン。

エリックが「これ、車の中に落ちてたよ。」
ばんちゃん「何、それ?」
私「ユニコーンみたい。」
ばんちゃん「なんでそんなのが車の中にあるのかな?」
エリック「きっとキャロラインのじゃないかな。」
みんなで納得、「ああ、そうね。それしないか。」

普段、こんなにかわいい物の存在自体ありえないので、ちょっとした騒ぎとなりました。キャロラインとは、大ちゃんのガールフレンドです。この前夕食の時来てくれて、一緒にSpaltiに行く時に落としていったようです。20140629-IMG_4750

彼女、お人形のようにかわいいの。大ちゃんがメロメロになるのも無理ない。そんな雰囲気の女の子。さっそく大ちゃんに問い合わせたら、探していたんだって。だから、次に合う時まで、大切に保管しておくねって約束しました。

そこで思いついたのが、ユニコーンを入れる箱。20140629-IMG_4742

丁度スキバルを使ってみたかったし、このスーツケースの形に一度挑戦してみたかったしで、ユニコーンが入る、4 cm のミニミニケースを作ってみました。

試作品としては、ミニサイズはいいんだけど、ここまで小さいと、逆にミニの世界への挑戦となります。でも、出来上がってみるとすっごくかわいくて、も~手放したくないくらいステキ。20140629-IMG_4752

カルトナージュ専門家から見たら「何ですか、このズサンな仕上がりは!」と、言われそう。
作り始めてから無謀な事に気がつきました。カーブのラインとか、この形の作図自体、円より難しそう。試行錯誤して、何回か作り直してついに完成。
多分、この形、難易度が高い作品ではないかと思われます。そんなの知らない私は、さっさと挑戦しちゃうんだけど、後で後悔するのね。あきれちゃいます。こういう作品こそ、カルトナージュ教室でテクニックを教えてもらいたいところですね。

何はともあれ、私の初のスキバルのミニミニスーツケース、完成!

フランスから届いた紙


時折ウェブで見かける言葉、スキバル。
調べたら、Skivertexという紙の種類の名前だということがわかってきました。

20140625-IMG_4719
興味津々です。
でも、アメリカでは入手しにくいのは、なぜでしょう。

仕方がないなー。
フランスのウェブサイトから注文しました。

そして、それがついに届いたんですよ~!

フムフム、いい感じ。

それでね、うれしくなって紙を大切に保存する紙ホルダーを作っちゃいました。

20140625-IMG_4696

サイズは33インチと23インチ (84cm x 59cm)。

紙が大きいんだから仕方がないですね。

とっても大きくて接着剤の扱いがチャレンジでした。

中はこんな感じ。

20140625-IMG_4699
昔いただいた絞り染めの風呂敷。

大切に使ってきたので、まだきれい。

でも、今こそ変身の時。

えい~っ!

よいしょ、よいしょ、柄をあわせて。。。

大きなポケットを柄を合わせて作りました。

20140625-IMG_4715
大きなポケットを作りました。

真ん中あたりからあるの、わかるでしょうか。

いやいや、ほとんどわからないでしょ?

よしよし、ウフフ・・・!

こうして紙が中に入っちゃうの。

反対側は、大ちゃんが使っていたシーツ。20140625-IMG_4702

緑のテープで縁にアクセント。

そして、今回はモッドポッジで表面をコーティング。

たかが紙の保存でしょぉ~?

そんなに手間ヒマかけなくっていいんじゃーん?

・・・とも思いましたが・・・

こうして出来上がってみると、作ってよかった~!って思えます。

20140625-IMG_4706

カルトナージュしなくなっても、用途はいろいろあります。

スケッチ画用紙とか、
写真とか、
フラットな物の収納用。

ところで、スキバルで何を作りましょうか。

18番目の箱は、
スキバルだ~!

今年の旅 Olympic NP


バケーションの季節ですね。
なかなか決まらなかった計画も先週末、ようやく計画が立ちました。ひゅ~~。

今年は8泊9日で北上します。
大ちゃんの大学のあるAshlandの街で一泊し、彼の寮の様子を拝見します。夏のクラスからスタートした彼の生活ぶりを偵察するのが一つの目玉。
そして目的地のオリンピック国立公園に向かって更に北上し、Port Anjeles という町に到着。
内海を渡ればカナダ、バンクーバーが隣り町。ずいぶん昔、両親を連れてバンクーバーを訪れたことがあったっけ。その時は飛行機を使いましたが、今回は2日間のドライブとなります。

ちょっと驚いたんですが、この公園は世界遺産に指定されているんですね。熱帯雨林のような場所や、氷河湖が無数にあることなどからなんでしょうか。

だから当然、Hoh River を辿ってレインフォーレストを訪れることが一番の目的です。マクロレンズの活躍もきっと期待できそうなんですよね。雪に一年中おおわれたオリンパス山の写真も、やはり撮ってくるべきでしょう。時間があったらクジラも見られるかしらと少し期待。また、サーモンも川を登ってくるということで、あまり期待しないけど、見られたらすごくうれしい。ハイキングもしたいから時間ないよねー。

もう一ヶ月もないというのに、まだホテル、ロッジの予約してないんですよねー。公園内のロッジに泊まれなかったら、テントに寝るしかないんで、早くしないと!もう、テント、面倒くさいからいやだよ~。

遅れをとってはならない


ファイカスのヘアカットの際、だめかもねーと思いながらも残しておいた、3本の枝。
今年中に葉が付き始めてくれたらいいなー、そうじゃなかったらカットしようと思ってました。20140620-IMG_4688-Edit

そうしたらね、ほら、もう小さな芽が出始めてます。

これって、本当に驚異の世界ね。
あんなにかよわくて、繊細なファイカスだと思っていたのに、すごい生命力です。一度もこんな所から葉が出てきたことないんですよ。今年の夏は何が違うんでしょうか。やっぱり、ヘアカットかな・・・

ともあれ、さあさあ、わたしもウカウカしていられません。成長あるのみ!
20140620-IMG_4689-Edit

ダンスレッスン


Arthur Murray Dance Studio でレッスンを受け始めてから半年ほど経ちました。ぜんぜん上達してない様でもあり、それなりの効果があるようでもありというところでしょうか。20140619-IMG_4686

先週末にピクニックがありました。いつもの服装とはまったく違っていたし、場所も公園だったせいか、誰が誰やら・・・頭の切り替えに約2秒ほど時間がかかりました。それなりに楽しかったっす。その時の写真。

20140614-IMG_4682
この写真の彼は目下ばんちゃんと二人で受けているレッスンの先生のネイソン。横に写っているおばさんは無視してください。(だから、わざと写真を小さくしてます。)
彼はいつもジョークを飛ばしまくりで楽しい青年。私達のクセを直しながら、カタツムリのようなペースで進みます。だから個人レッスンでないとだめなの。その効果あってか、まあまあ、踊れるようにはなりました。

もともとの目的は、主に三つ。

  • 恥かしがり屋のクセを治す
  • ばんちゃんと二人でできるアクティビティを写真以外にも広げる
  • 違った人の輪を広げる

だから、ダンスが上手になる事はそれほど大切なことではなかったんですよね。でも、スタジオの人たちは結構上手な人たちばかり。刺激されてきています。

そこで、今週のレッスンの時に宿題を出して欲しいと頼んでおきました。自分で練習すればいいだけの話なんですが、それもしないんですよねー。だから、練習が習慣になるまで、宿題という半ば強制的な手段で自己矯正するアイディアを思いついたんですよ。

さてさて、このダンスシューズを履きつぶすころ・・・
今年の冬のパーティーまでに、ブロンズの初級レベルを卒業できるようになるでしょうかねぇ・・・

そういえばね、今週のレッスンの時に中国のそれなりの若手俳優が来てました。レッスンの後、彼からダンスのお誘いがあったけど、断っちゃっいました。ステップを教えてくれるって言われたのに。ばんちゃんからも、「あんなイケメンの映画スターのお誘い断っちゃったの~?」と後で言われて、改めて後悔。まだ自信ないんですよねー。もうちょっと、頑張らなくちゃ。

Box #17 額


20140613-IMG_4417 ばんちゃんのお誕生日のプレゼントとして、駆け込みで作ってみました。

こうしてドアが開きます。中はもっと奥行きがあるので写真の他、いろいろな記念の小物も入るようにしました。

お誕生日カードも軽く入ってしまいます。20140613-IMG_4418

試行錯誤しながら作っていったので、写真の縁と額がマッチしていませんが、今回はこれで勘弁してもらいましょう。どうせ取替え可能ですから。

ヒョウ柄にこだわってしまったのがまずかったかな。リネンとヒョウ柄を合わせて、それはいい。でも、その他がマッチしてくれませんでした。ヒョウ柄って、ちょっと難しい。次回はもっと地味な色にしようかな。20140613-IMG_4419

金色がストレートに出るときつい感じがしたので、白と黒を下地に塗ってから、再び金色を塗ってじょっとアンティークに見えるような雰囲気にしたつもり。

写真を入れないと、中のラベンダーがきれいでしょ。それに今回の初挑戦、ステンシルでイニシャルを入れてみました。

20140613-IMG_4421

何はともあれ、今日のばんちゃんの誕生日に間に合わせることができてよかったー。

ファイカスの Second Wind


20140613-IMG_4413

 

ファイカスのヘアカットをしたのが5月の末。
短かくカットし過ぎて生存も危ぶまれていましたが、

なんと、復活してますよ~!

ほら、こんなに産毛のようなものが見え始めました。

これは元気な証拠だったんですね。20140613-IMG_4411

20140613-IMG_4412
今まで見たこともないほどの活力で新しい葉の誕生がいたる所からスタートしています。

ファイカスちゃんの、Second Wind です!

ちなみに、
Second Wind という言葉、

マラソンランナーがある時点で復活する、そんな現象に良く使われます。

この家で共に生きてきたファイカスちゃん。
頑張ってくれてますが、最近元気なかったのよね。

Second と言わず Third とかForth、 Fifth wind かもしれません。
何回も復活してくれました。

ただ、今回の復活は尋常ではない生長ぶりです。
ヘアカットが効を奏したのかもしれません。今後の生長が楽しみ、ネ!

ところで。。。
昨日、久々に転んでしまいまして、顔をひどくコンクリートの壁に打ちつけて擦り傷を負ってしまいました。

がぁ~~ん。

目下、巨大なパッドが3枚、顔の3分の1ぐらいを覆っております。傷跡が残らないことをひたすら祈ります。明日はみんなとお食事会があるというのに。いえ、その前にArthur Murray ダンススタジオのポットラックがあるんでしたよ。私は太巻きに挑戦して持っていくつもりでした。。。というか、まだそのつもりなんですが、いやだよ~。ヒクヒク・・・この顔、どうしよう~。